加藤健一事務所 vol.118
作:内藤裕子  演出:堤 泰之


ストーリー
医は仁なり。治療は誰のためか。
小さな診療所が、現代医療へ疑問を投げかける。
宮城県角田市にある診療所、篠田医院。
秀和(加藤健一)は院長業を息子に任せ、土曜日のみ診察を担当している。
患者一人一人に対してじっくりと時間をかける診察スタイルを貫く秀和は、病院経営を軌道に乗せた息子には少々煙たがられているが、家族ぐるみで昔から付き合いがあり、そして今は患者となった友人にも、医者として寄り添いながら真剣に向き合っている。
秀和は言う―「医者にしかわからないことがあるように、患者にしかわからないことがある。だからこそ医者は患者の気持ちを傾聴しなきゃならない。」

患者本人にとって大切なものとは、何なのか。
秀和や篠田医院のスタッフ、患者、家族…それぞれの経験や立場から思いをぶつけて、“生き方”を考えていく。





ストーリー
キャスト&スタッフ
公演日程&ご予約方法
バックステージレポート
公演DM ※準備中
ボランティアスタッフ募集 ※準備中
プレス関係者の皆さま





当ホームページに掲載されている記事・画像などの無断掲載を固く禁じます。