加藤健一事務所 vol.114
作:リー・カルチェイム  訳:小田島恒志  演出:日澤雄介


ストーリー
ジェネレーションギャップ/世代交代の悲哀をコメディ仕立てに描く。
そして華麗なる幕切れの決め台詞!
とあるオフィスのスプリンクラーから垂れ下がった、先に輪のついたロープ。そして机の上に立つ男。
偶然入って来た若い作家のデニス(関口アナン)がハリウッドに来て早々に出会った不審なその男は、過去に大成功を収めた憧れの名監督で脚本家のボビー・ラッセル(加藤健一)だった。
しかし今、ボビーの脚本を映画会社は受け入れてくれない。求めているのは質の良い脚本でも、監督の実力でもない。デニスのような「トレンドに乗った人間」なのだ。
この衝撃的な出会いをきっかけに、新旧の二人は詐欺まがいな共同作業をすることになる―誰も傷つかない嘘をつこうじゃないか。何も知らない助手のメアリー(加藤忍)は、そんな二人の違和感に気付きボビーを心配し始める。
垂れ下がり続けるロープ、そしてクランクアップした映画が三人にもたらした新しい人生、待ち受ける人生とは…。





ストーリー
キャスト&スタッフ
公演日程&ご予約方法
公演に関するお知らせ
バックステージレポート
公演DM
ボランティアスタッフ募集※準備中
プレス関係者の皆さま





当ホームページに掲載されている記事・画像などの無断掲載を固く禁じます。