加藤健一 〜俳優・演出家・プロデューサー〜


1949年 静岡県磐田市に生まれる。
1968年 劇団俳優小劇場の養成所に入所。
1970年 養成所卒業後、つかこうへい事務所の作品に多数客演。
1980年 一人芝居「審判」上演のため加藤健一事務所を設立。
1982年 第17回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。
(「審判」、つかこうへい事務所「蒲田行進曲」の演技に対して)
1986年 加藤健一事務所俳優教室を開設。
1988年 昭和63年度文化庁芸術祭賞受賞。
(「第二章」の演技に対して)
1989年 文化庁芸術選奨文部大臣新人賞受賞。
(「マイ・ファット・フレンド」、「ステイジ・ストラック」の演技に対して)
1990年 平成2年度文化庁芸術祭賞受賞。
(「セイムタイム・ネクストイヤー」の成果に対して)
1991年 加藤健一事務所・江古田スタジオを開設。



1994年 平成6年度文化庁芸術祭賞受賞。(「審判」の演技に対して)

第29回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。(「パパ、I LOVE YOU!」、「審判」の演技に対して)
1995年 第2回湯浅芳子賞受賞。(1994年の演劇活動の成果に対して)
2001年 平成13年度文化庁芸術祭賞優秀賞受賞。(「すべて世は事も無し」の成果に対して)
2002年 第9回読売演劇大賞優秀作品賞・優秀演出家賞受賞。(「すべて世は事も無し」に対して)
2004年 第3回朝日舞台芸術賞受賞。(「木の皿」、「詩人の恋」の成果に対して)

第11回読売演劇大賞優秀男優賞受賞。(「木の皿」、「詩人の恋」の演技に対して)

第11回読売演劇大賞優秀作品賞・選考委員特別賞受賞。(「詩人の恋」に対して)

平成15年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞受賞。(「木の皿」、「詩人の恋」の成果に対して)
2007年 平成19年秋 紫綬褒章受章
2013年 第38回菊田一夫演劇賞受賞。(「バカのカベ〜フランス風〜」、「八月のラブソング」の演技に対して)
2015年 加藤健一事務所35周年を迎える。
2016年 第70回毎日映画コンクール男優助演賞受賞(映画「母と暮せば」の演技に対して)


加藤健一事務所…

 1980年、俳優・加藤健一が一人芝居「審判」を上演するために作られました。加藤健一事務所の劇団員は加藤健一のみで、上演プログラムからキャスティング、それに演出、照明、音響、美術、衣裳などすべてに渡って加藤健一本人がプロデュースするという体制をとっています。加藤健一が本当に芝居の好きな役者たちを集めて舞台づくりをする場であり、既成の劇団とは異なる個性的な活動を主とし、演劇界では常に注目を集めています。毎年、東京公演に加え、地方公演も活発に行っており、各地で好評を得ています。
 1991年には東京江古田に3階建ての自社ビルのスタジオを開設し、“スタジオK”としてレンタルも行っています。