カトケン ニュース


◆掲載情報◆ (2017.09.08up)
しんぶん赤旗  9月6日(水)

「喝采」
劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2017.09.04up)
毎日新聞<夕刊>  9月4日(月)

「喝采」
劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2017.08.31up)
家庭画報 10月号

今月の舞台
のコーナーに『喝采』についての竹下景子さんのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2017.08.31up)
SPICE(エンタメ特化型情報メディア スパイス)

「喝采」についてのカトケン松本祐子さんのロングインタビューが掲載されています。

SPICE←コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2017.08.25up)
しんぶん赤旗 日曜版 8月27日号

「ひと」
のコーナーに「喝采」に出演する竹下景子さんのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2017.08.24up)
朝日新聞<夕刊>  8月24日(木)

「喝采」
についてのカトケン竹下景子さんのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2017.08.21up)
モーストリー・クラシック 10月号

『喝采』についてのカトケンのインタビューが掲載されています。



◆出演情報◆ (2017.08.14up)
「喝采」のPRで寺田みなみさんがラジオ出演します。

ラジオ日本「Hello! I,Radio〜ハロー!アイレディオ」
8月15日(火)10:10〜10:30頃 ゲスト:寺田みなみ

ラジオ日本【AM1422kHz】です!

※インターネットからもお楽しみいただけます。詳しくはラジオ日本のホームページでご確認下さい。



◆掲載情報◆ (2017.08.08up)
DIESEL NEWS 8月号

UDトラックス株式会社
の広報誌『DIESEL NEWS』カトケンの特集記事が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2017.08.02up)
シアターガイド 9月号

「喝采」
についてのカトケン竹下景子さんのインタビューが3ページにわたって掲載されています。



◆出演情報◆ (2017.08.01up)
「喝采」のPRでカトケン浅野雅博さんがラジオ出演します。

エフエム世田谷「劇ナビ!!」
8月9日(水)22:00〜23:00 ゲスト:加藤健一、浅野雅博

エフエム世田谷【FM83.4MHz】です!

※インターネットからもお楽しみいただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。



◆掲載情報◆ (2017.07.03up)
Confetti(カンフェティ) 2017年8月号

今月のPICK UPのコーナーに「喝采」についてのカトケン竹下景子さんのインタビュー記事が載っています。

Web版はコチラ



◆掲載情報◆ (2017.2.1up)
エコレポ  2017年2月号

江古田〜チャリ圏情報紙エコレポ「チャコのあら?チョットいい男じゃない??」のコーナーで
カトケン
が紹介されています。

江古田駅のラックや、朝日新聞(江古田近辺)の折込で入手可能です。
ホームページはコチラ



◆出演情報◆ (2017.1.29up)
昨年11、12月に上演致しました『誰も喋ってはならぬ!』がTV放送されます!

3月6日(月)【日曜深夜】0:00〜(予定)
NHK BS プレミアム プレミアムステージ『誰も喋ってはならぬ!』

見逃してしまった方も、もう一度観たかった!という方も、是非是非お楽しみに!



◆掲載情報◆ (2016.11.21up)
朝日新聞<夕刊>  11月21日(月)

「誰も喋ってはならぬ!」
についての渡辺徹さんのインタビューが掲載されています。



◆出演情報◆ (2016.11.16up)
「誰も喋ってはならぬ!」のPRで加藤忍さんがラジオに出演します。

11月18日(金)10:20〜 「Bee Up! Life」(Bee Up Setagaya内)

エフエム世田谷【FM83.4MHz】です!

※インターネット、スマートフォンでもお楽しみいただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。



◆出演情報◆ (2016.10.18up)
「誰も喋ってはならぬ!」で、階下の住人・パヴェル役を演じる渡辺徹さんがテレビにゲスト出演します。

10月18日(火)15:55〜16:54  テレビ東京「L4YOU!」(エル・フォー・ユー)

もしかすると、番組のついでに「誰も喋ってはならぬ!」に纏わるお話もちょっと聞けたりできるかも・・・?!
ご視聴可能な方、チャンネルはテレビ東京です!番組ごと渡辺徹さんのトークをお楽しみください♪



◆掲載情報◆ (2016.10.03up)
Confetti(カンフェティ) 2016年11月号

今月のPICK UPのコーナーに「誰も喋ってはならぬ!」についての
カトケン中村龍介さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ



◆イベント情報◆ (2016.09.15up)
紀伊國屋サザンシアター アーカイブポスター展 1996-2015

9月14日(水)〜9月27日(火)
島屋 新宿店 2階 ウエルカムゾーン
平日・日曜日/10時〜20時
金・土曜日/10時〜20時30分

加藤健一事務所公演「ブロードウェイから45秒」のポスターも展示されています。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。



◆掲載情報◆ (2016.09.12up)
毎日新聞<夕刊>  9月12日(月)

「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD〜ハリウッドでシェイクスピアを〜」
劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2016.09.09up)
しんぶん赤旗  9月7日(水)

「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD〜ハリウッドでシェイクスピアを〜」
劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2016.09.02up)
SPICE(エンタメ特化型情報メディア スパイス)

「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD〜ハリウッドでシェイクスピアを〜」についての
カトケンのロングインタビューが掲載されています。

SPICE←コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2016.08.25up)
毎日新聞<夕刊> 8月25日(木)

「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD〜ハリウッドでシェイクスピアを〜」についての
カトケンのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2016.08.25up)
日刊ゲンダイ 8月25日(24日発行)

「涙と笑いの私の酒人生」のコーナーに
「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD〜ハリウッドでシェイクスピアを〜」に出演する
瀬戸早妃さんのインタビューが掲載されています。



◆出演情報◆ (2016.08.17up)
「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD〜ハリウッドでシェイクスピアを〜」のPRで丸山厚人さんがラジオに出演します。

8月19日(金)10:20〜 「Bee Up! Life」(Bee Up Setagaya内)

エフエム世田谷【FM83.4MHz】です!

※インターネット、スマートフォンでもお楽しみいただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。



◆掲載情報◆ (2016.08.17up)
読売新聞<夕刊> 8月16日(火)

「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD〜ハリウッドでシェイクスピアを〜」についての
カトケン植本潤さん新谷真弓さんのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2016.08.02up)
Confetti(カンフェティ) 2016年9月号

今月のPICK UPのコーナーに「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD〜ハリウッドでシェイクスピアを〜」についての
カトケン植本潤さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ



◆出演情報◆ (2015.7.30up)
「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD」のキャスト数名が2週に渡ってラジオでPRさせて頂きます。

エフエム世田谷「劇ナビ!!」
(インタビュアー:植本潤
8月3日(水)22:00〜23:00(出演は22:15頃〜) ゲスト:加藤健一、粟野史浩、加藤忍
8月10日(水)22:00〜23:00
(出演は22:15頃〜) ゲスト:小宮孝泰、永岡卓也、新谷真弓

エフエム世田谷【FM83.4MHz】です!

※インターネット、スマートフォンでもお楽しみいただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。



◆掲載情報◆ (2016.4.26up)
味の味(株式会社アイデア)  2016年5月号

【舞台と食】
のコーナーに「女学生とムッシュ・アンリ」の記事が掲載されています。

全国の参加店店頭または味の味ホームページよりお求め下さい。



◆出演情報◆ (2016.2.29up)
「Be My Baby〜いとしのベイビー〜」のPRでカトケン加藤忍さんがラジオに出演します。

3月2日(水)22:00〜23:00 劇ナビ!!ゲストトークコーナー

エフエム世田谷【FM83.4MHz】です!

※インターネット、スマートフォンでもお楽しみいただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。



◆掲載情報◆ (2016.02.03up)
Confetti(カンフェティ) 2016年3月号

今月のPICK UPのコーナーに「Be My Baby〜いとしのベイビー〜」についての
カトケン阿知波悟美さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ



◆掲載情報◆ (2016.01.21up)
スポーツニッポン  1月21日(木)

毎日映画コンクール<男優助演賞>受賞
についての、
カトケン
のインタビューが掲載されています。



◆ニュース◆ (2016.01.21up)
第70回毎日映画コンクール

カトケンが、「母と暮せば」上海のおじさんの演技で、
俳優部門<男優助演賞>を受賞しました。

詳細はコチラ



◆ニュース◆ (2015.12.26up)
第70回毎日映画コンクールカトケンノミネートされました!

俳優部門<男優助演賞>
に、本木雅弘(日本のいちばん長い日)、永瀬正敏(あん)、新井浩文(百円の恋)、光石研(恋人たち)、リリー・フランキー(野火)らと共に、加藤健一(母と暮せば)ノミネートされました! 結果は、2016年1月下旬に発表予定。



◆掲載情報◆ (2015.12.11up)
キネマ旬報 2016年冬の増刊号

総力特集「母と暮せば」
カトケンのインタビューが4ページにわたって掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.12.11up)
しんぶん赤旗  12月9日(水)

「女学生とムッシュ・アンリ」
劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.12.9up)
日刊ゲンダイ  12月10日(9日発行)

「女学生とムッシュ・アンリ」劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.12.3up)

演劇総合情報サイト「エンタステージ」
http://enterstage.jp/


「女学生とムッシュ・アンリ」稽古場レポートが掲載されています。

 演劇総合情報サイト「エンタステージ」  コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2015.11.30up)
MANTANWEB(まんたんウェブ) 11月30日(火)

「女学生とムッシュ・アンリ」についてのカトケン瀬戸早妃さんのインタビューが掲載されています。
長め!写真多めです☆

詳細はコチラ


◆出演情報◆ (2015.11.27up)
大好評につき早くも再放送決定!!
カトケン主演ラジオドラマ


12月29日(火)19:20〜 特集ドラマ「釣堀にて」NHKラジオ第一 にて。
久保田万太郎の名作を、中村歌昇さんとのW主演で演じています。是非お聞き逃しなく!

他にも、あめくみちこさんや高田聖子さん、栗田桃子さんに三遊亭兼好さんなど、魅力的な共演者がズラリ!な
このラジオの詳細は〜・・・コチラ


◆掲載情報◆ (2015.11.27up)
しんぶん赤旗 日曜版 11月29日(土)号

「女学生とムッシュ・アンリ」についての瀬戸早妃さんのインタビューが掲載されています。



◆出演情報◆ (2015.11.22up)
「女学生とムッシュ・アンリ」のPRで瀬戸早妃さんがラジオに出演します。

エフエフ戸塚 モレラ東戸塚スタジオより公開生放送!
11月24日(火)10:00〜10:55 モレラ東戸塚ハッピータウン(10:20頃から出演予定)

エフエム戸塚【FM83.7MHz】です!

※パソコン、スマートフォンでもお楽しみいただけます。詳しくはエフエム戸塚ホームページでご確認下さい。



◆掲載情報◆ (2015.11.22up)
産経新聞 11月21日(土)

「女学生とムッシュ・アンリ」についてのカトケン瀬戸早妃さんのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.11.18up)
東京新聞 11月17日(火)

「女学生とムッシュ・アンリ」についてのカトケン瀬戸早妃さんのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.11.11up)
カトケンも参加しました!!つかこうへいさんにゆかりのある著名人達のインタビューを元にまとめられた貴重な一冊!

11月18日(金)発売  「つかこうへい正伝 1968-1982」
(長谷川康夫著/新潮社)

「役者じゃねえ、俺がウケてんだ!」――『熱海殺人事件』『蒲田行進曲』を生んだ天才演出家つかこうへい。大学入学から劇団解散までの黄金期に光を当て、伝説の“口立て”稽古、熱狂の“つか芝居”、そして人間つかこうへいを鮮やかに描き出す、比類なき評伝。

詳細はコチラ



◆出演情報◆ (2015.11.5up)
主演です★カトケンがラジオドラマに出演します!

11月23日(水祝)22:10〜22:45 特集ドラマ「釣堀にて」NHKラジオ第一 にて。
久保田万太郎の名作を、中村歌昇さんとのW主演で演じています。
是非お聞き逃しなく!

他にも、あめくみちこさんや高田聖子さん、栗田桃子さんに三遊亭兼好さんなど、魅力的な共演者がズラリ!な
このラジオの詳細は〜・・・コチラ



◆掲載情報◆ (2015.11.3up)
Confetti(カンフェティ) 2015年12月号

今月のPICK UPのコーナーに「女学生とムッシュ・アンリ」についての
カトケン瀬戸早妃さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ



◆出演情報◆ (2015.6.23up)
「滝沢家の内乱」のPRでカトケンがラジオに出演します。
※急遽加藤忍さんの出演が決定しました!

8月26日(水)22:00〜23:00 劇ナビ!!ゲストトークコーナー

エフエム世田谷【FM83.4MHz】です!

※インターネット、スマートフォンでもお楽しみいただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。



◆出演情報◆ (2015.6.23up)
「滝沢家の内乱」のPRでカトケンがラジオに出演します。
※急遽加藤忍さんの出演が決定しました!

8月26日(水)10:30〜 栗原美季 Cafe Les R(カフェ・レアール)「レアール@シネマ&エンタテインメント」

エフエム世田谷【FM83.4MHz】です!

※インターネット、スマートフォンでもお楽しみいただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。



◆掲載情報◆ (2015.8.10up)
早川書房 悲劇喜劇  2015年9月号

カトケン瀬久男さんの追悼文が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.8.6up)

演劇総合情報サイト「エンタステージ」
http://enterstage.jp/


「滝沢家の内乱」出演のカトケン加藤忍さんのインタビューが掲載されています。

加藤健一事務所『滝沢家の内乱』稽古場インタビュー!

 演劇総合情報サイト「エンタステージ」  コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2015.7.7up)
Confetti(カンフェティ) 2015年8月号

今月のPICK UPのコーナーに「滝沢家の内乱」についての
カトケン加藤忍さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ



◆掲載情報◆ (2015.6.15up)
テアトロ(カモミール社)  2015年7月号

劇評
のコーナーに「バカのカベ〜フランス風〜」劇評が載っています。



◆掲載情報◆ (2015.6.14up)
東奥日報 6月11日(木)

「バカのカベ〜フランス風〜」の地方公演中に、カトケン「八甲田山雪中行軍展」を訪れた時の記事が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.4.21up)

演劇総合情報サイト「エンタステージ」
http://enterstage.jp/


「バカのカベ〜フランス風〜」出演の風間杜夫さんとカトケンのインタビュー・動画が掲載されています。

風間杜夫×加藤健一『バカのカベ〜フランス風〜』上演目前インタビュー!
・舞台『バカのカベ〜フランス風〜』コメント動画

 演劇総合情報サイト「エンタステージ」  コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2015.4.21up)
しんぶん赤旗 4月20日(月)

「バカのカベ〜フランス風〜」についての風間杜夫さんのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.4.11up)
テアトロ(カモミール社)  2015年5月号

劇評
のコーナーに「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」劇評が載っています。



◆掲載情報◆ (2015.4.11up)
Confetti(カンフェティ) 2015年5月号

今月のPICK UPのコーナーに「バカのカベ〜フランス風〜」についての
風間杜夫さんカトケンのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ



◆掲載情報◆ (2015.4.11up)
北海道新聞<夕刊>  3月23日(月)

「バカのカベ〜フランス風〜」についてのカトケンのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.2.24up)
日本経済新聞 (電子版) 2月24日(火)

舞台レビューのコーナーに「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」劇評が掲載されています。

こちら
からご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2015.2.22up)

演劇総合情報サイト「エンタステージ」
http://enterstage.jp/


「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」先日掲載されたインタビューの動画バージョンも掲載されました!

 演劇総合情報サイト「エンタステージ」  コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2015.2.19up)

演劇総合情報サイト「エンタステージ」
http://enterstage.jp/


「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」本番間近の稽古場に密着して頂きました!

加藤健一×加藤忍×鵜山仁『ペリクリーズ』上演目前インタビュー!
・【動画】舞台『ペリクリーズ』上演記念!舞台裏公開<1>ダンスレッスン編
・【動画】舞台『ペリクリーズ』上演記念!舞台裏公開<2>通し稽古編

 演劇総合情報サイト「エンタステージ」  コチラからご覧下さい



◆掲載情報◆ (2015.2.14up)
しんぶん赤旗 日曜版 2月15日(日)

「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」についてのカトケンのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.2.14up)
産経新聞 2月14日(土)

「シェークスピアと私」のコーナーに「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」についてのカトケンのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.2.14up)
公明新聞 2月7日(土)

「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」についてのカトケンのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.2.13up)
朝日新聞<夕刊> 2月12日(木)

「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」と、目のご不自由なお客様の為の舞台説明会についての
カトケンのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.2.13up)
しんぶん赤旗 2月11日(水祝)

「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」出演者の山崎清介さんのエッセイが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2015.2.9up)
荘内日報  2月7日(土)

「鶴岡市民劇場50周年 舞台と共に」のコーナーに、今年5月の上演する鶴岡市民劇場公演「バカのカベ〜フランス風〜」
ついてのカトケンのエッセイが掲載されました。庄内地方の皆様是非ご覧下さい。



◆出演情報◆ (2015.1.30up)
「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」のPRでカトケンがラジオに出演します。

2月10日(火)11:30〜11:45頃 栗原美季 Cafe Les R(カフェ・レアール)「カフェ・アラモード」

エフエム世田谷【FM83.4MHz】で生放送です!

※インターネット、スマートフォンでもお楽しみいただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。



◆出演情報◆ (2015.1.30up)
「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」のPRでカトケンがラジオに出演します。

2月6日(金)12:10〜12:45頃 金パラ 長江健次のDARADAラジオ内ゲストコーナー


三軒茶屋キャロットタワー26Fスタジオキャロット
にて公開生放送です!

ご視聴は、エフエム世田谷【FM83.4MHz】にて。
※インターネット、スマートフォンでもごお楽しみいただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。


◆掲載情報◆ (2015.1.30up)
シアターガイド 2015年3月号(2/2発売)

「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」の演出の鵜山仁さんと、出演者の山崎清介さん、そしてカトケン
3人のインタビュー記事が載っています。



◆掲載情報◆ (2015.1.9up)
演劇ぶっく 2015年2月号

「今までで、もっとも衝撃を受けた舞台!」カトケンのコメントが載っています。



◆掲載情報◆ (2014.12.30up)
Confetti(カンフェティ) 2015年2月号

今月のPICK UPのコーナーに「カトケン・シェイクスピア劇場 ペリクリーズ」についての
カトケン山崎清介さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ



◆掲載情報◆ (2014.12.30up)
早川書房 悲劇喜劇  2015年2月号

演劇時評
「ブロードウェイから45秒」劇評が載っています。



◆掲載情報◆ (2014.12.30up)
テアトロ(カモミール社)  2015年1月号

劇評
のコーナーに「ブロードウェイから45秒」劇評が載っています。



◆掲載情報◆ (2014.12.6up)
kotoba(集英社)  2015年冬号

演劇人タイムカプセル 紀伊國屋ホール五十周年記念特別鼎談
(ていだん)
風間杜夫×加藤健一×平田満


かつて、つかこうへい事務所で「熱海殺人事件」を演じた三人が再集結!
豪華なインタビューと当時の貴重な写真が、6ページにわたって掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.11.13up)
演劇評論家上野三蔵氏の「芝居は楽しい」に、
「ブロードウェイから45秒」の記事が載っています。

詳しくはこちら!



◆掲載情報◆ (2014.11.12up)
しんぶん赤旗     11月12日(水)

「ブロードウェイから45秒」の劇評が掲載されています。(瀧口雅仁・芸能研究家)



◆掲載情報◆ (2014.11.09up)
鈴木太郎個人誌「太郎の部屋」No.31/2014・10・15

「芝居の日」のコーナーに以下の「If I Were You〜こっちの身にもなってよ!〜」劇評が掲載されています。

*8月11日(月)
 加藤健一事務所「If I Were You〜こっちの身にもなってよ!〜」(東京・下北沢・本多劇場)。作=アラン・エイクボーン、訳=小田島恒志・小田島則子、演出=瀬久男。ある朝、起きてみると、夫と妻の体が入れ替わっていた。その事実を周りの人たちには知らせないままに過ごすというから、その逆転の心理展開がユニークで笑いを誘う。よくぞ、思いついたものだと思う。イギリスのコメディ劇、日本ではじめての上演である。主人公のマル・ローデル(加藤健一)は家具店の支配人の仕事をしているが、息子のサム(松村泰一郎)にはろくに口をきいてもらえず、妻のジル(西山水木)に隠れて別の女性と密会する毎日。ジルは専業主婦、夫になにもいえずモヤモヤしている。サムはマルの嫌いなシェイクスピアの「夏の夜の夢」に出るという。娘のクリッシー(加藤忍)は、マルの部下のディーン・スネイス(石橋徹郎)と結婚して別の家に住んでいる。が、最近赤ちゃんが生まれて、子育てと結婚生活の悩みをジルに相談するためにしばしばやってくる。
 登場人物はこの5人。1幕ではそれぞれの人物関係が提示され、2幕では変身した2人の思惑が明るみにされていく。そのなかで、戸惑いや誤解、動揺する心理が鮮明になってくる。男言葉と女言葉のセンスの違いなどを、加藤健一と西山水木がそつのない対応でこなしていく。翻訳の妙味かも知れない。自宅の寝室を中心にしたセットが家具店のショールームにもなる大田創の美術はみものであった。



◆掲載情報◆ (2014.11.5up)
しんぶん赤旗     11月3日(月)

「ブロードウェイから45秒」の翻訳をして下さった小田島恒志さん小田島則子さんのエッセイが掲載されています。


◆掲載情報◆ (2014.10.29up)
毎日新聞 (夕刊) 10月28日(火)

「ブロードウェイから45秒」の翻訳をして下さった小田島恒志さん小田島則子さんのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.10.6up)
早川書房 悲劇喜劇  2014年11月号

演劇時評
「If I Were You〜こっちの身にもなってよ!〜」劇評が載っています。



◆出演情報◆ (2014.10.2up)
「ブロードウェイから45秒」に出演する新井康弘さんがラジオに出演します。

10月10日(金)13:10〜13:40頃 金パラ 長江健次のDARADAラジオ内ゲストコーナー


三軒茶屋キャロットタワー26Fスタジオキャロット
にて公開生放送です!

ご視聴は、エフエム世田谷【FM83.4MHz】にて。
※インターネット、スマートフォンでもごお楽しみいただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。



◆掲載情報◆ (2014.9.6up)
テアトロ(カモミール社)  2014年9月号

今月選んだベストスリー
「請願〜核なき世界〜」劇評が載っています。



◆掲載情報◆ (2014.9.3up)
読売新聞<夕刊> 9月3日(水)

『小田島雄志の芝居よければすべてよし』のコーナーに
「If I Were You〜こっちの身にもなってよ!〜」
劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.8.19up)
演劇評論〜演劇評論家、中村義裕のホームページ〜演劇評論に、「If I Were You〜こっちの身にもなってよ!〜」の劇評が掲載されています。

コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2014.8.17up)
産経新聞 8月17日(日)

「If I Were You〜こっちの身にもなってよ!〜」劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.8.13up)
読売新聞<夕刊> 8月13日(水)

「If I Were You〜こっちの身にもなってよ!〜」劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.8.13up)
江森盛夫の演劇袋

「If I Were You〜こっちの身にもなってよ!〜」記事が載っています。

詳しくはこちら!



◆掲載情報◆ (2014.8.7up)
早川書房 悲劇喜劇  2014年9月号

演劇時評
「請願〜核なき世界〜」劇評が載っています。



◆掲載情報◆ (2014.8.4up)
毎日新聞 (夕刊) 8月4日(月)

「If I Were You〜こっちの身にもなってよ!〜」についてのカトケン西山水木さんのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.7.19up)
週刊京都民報 7月20日(日曜日)号

「請願〜核なき世界〜」についてのカトケンのスペシャルインタビューが掲載されています。



◆出演情報◆ (2014.7.16up)
「If I Were You〜こっちの身にもなってよ!〜」に出演する松村泰一郎さんがラジオに出演します。

7月24日(木) 11:10〜11:25 栗原美季 Cafe Les R(カフェ・レアール)内ゲストコーナー

エフエム世田谷【FM83.4MHz】で生放送です!

※インターネット、スマートフォンでもご視聴いただけます。詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい。



◆掲載情報◆ (2014.7.03up)
前衛(日本共産党中央委員会) 2014年8月号

「請願〜核なき世界〜」鈴木太郎氏劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.6.13up)
江森盛夫の演劇袋

「請願〜核なき世界〜」記事が載っています。

詳しくはこちら!



◆掲載情報◆ (2014.6.11up)
演劇評論家上野三蔵氏の「芝居は楽しい」に、
「請願〜核なき世界〜」の記事が載っています。

詳しくはこちら!


◆掲載情報◆ (2014.6.11up)
日本経済新聞 (電子版)6月11日(水)

「請願〜核なき世界〜」についての劇評が掲載されています。詳しくはこちらから


◆掲載情報◆ (2014.6.10up)
今村修さんのFacebookに「請願〜核なき世界〜」の劇評が掲載されています。


言葉を信じる体力。昨夜の加藤健一事務所「請願」(作=ブライアン・クラーク、訳=吉原豊司、演出=高瀬久男)@本多劇場を見ながら、そんなことを思った。人間は語り合うことで分かり合える、という確信。翻訳物のディスカッション劇を見るたびに、その強さの彼我の落差を思い知らされる。なぜ西洋人はこんなに飽きずに議論ができるのだろう? その思いが大きすぎて疲れる作品もあるが、この舞台はひと味違う。疲れは疲れでも快く前向きの疲れ。言葉にして語り合うことの大切さを、ひたむきに伝えてくれる二人芝居だ。

ロンドンの高級住宅の一室。元陸軍大将のエドムンド(加藤健一)は、新聞の核兵器先行使用反対の請願広告の中に、妻エリザベス(三田和代)の名前を見つけ仰天する。核の抑止力を信じて疑わない夫に、妻は請願に至った理由を必死に説明するが議論は交わらない。話題は核の是非から次第にお互いの生き方、考え方の違いへと広がっていき、長い夫婦生活の中で秘められていた本音や秘密が明らかになる。

理想の軍人像で自らを律し愚直に正面突破を図るエドムンドと、変幻自在に表情や口調まで変えあの手この手で説得を試みるエリザベス。このくっきりとした人物造形の違いと随所に差し挟まれる笑いが、ともすれば単調になりがちなディスカッション劇に彩りと陰影を与える。序盤は軽やかにジャブを繰り出し相手を翻弄する妻に分があるが、次第に両者足を止めての打ち合いになっていき、夫からも強力なパンチが……。練達の俳優2人による、白熱のボクシングを見るような展開から目が離せない。

後半は結構相手の胸を抉るような言葉も飛び出すのだが、ドラマが陰惨にならないのは、この2人が互いを深くリスペクトしているからだ。激昂しかけては我に返り、その度に理性で感情を制御しては、また議論の戦場へと向かう。核を巡る議論も面白いが、それ以上にこの作品は2人の全存在を賭けた言葉の闘争なのだ。請願に至るエリザベスの思いは元より、立派な軍人たらんとするエドムンドの姿勢にも強い説得力がある。それが決してユーモアを失うことなく展開される、というところが心憎い。

高瀬演出は、言葉の後ろにある思いを丁寧に腑分けし、表情・感情のエッジ鋭い三田、真っ直ぐひたむきな加藤がそれに肉付けする。終幕に見せる三田の複雑な横顔が深い余韻を残す。2人の部屋の壁には一部が赤く塗られた世界地図が掛けてある。赤いところはかつての大英帝国の版図なのだろう。それだけで部屋の主のプロフィールが何となく分かる。細かいところまで目配りされたシックな装置(倉本政典)も気が利いている。

体力とユーモアと真面目さ。これが、きちんとしたディスカッションに欠かせない3要素だな、などと舞台を見ながら考えた。そして、そのどれ一つとして、この国の政治の場にはないことがつくづく情けなく、憤りすら覚えた。(敬称略)




◆掲載情報◆ (2014.6.4up)
読売新聞 (夕刊) 6月4日(水)

「請願〜核なき世界〜」についてのカトケンと三田和代さんのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.6.4.up)
演劇キック の観劇予報に「請願〜核なき世界〜」についてのカトケンと三田和代さんの対談が掲載されています。
詳しくはこちら



◆掲載情報◆ (2014.6.3up)
毎日新聞 (夕刊) 6月3日(月)

「請願〜核なき世界〜」についてのカトケンと三田和代さんのインタビューが掲載されています。


◆掲載情報◆ (20141.6.1up)
しんぶん赤旗 日曜版 6月1日号

「請願〜核なき世界〜」に出演する三田和代さんのインタビュー記事が載っています。



◆掲載情報◆ (2014.5.30up)
日刊ゲンダイ 5月31日(30日発行)

読む演劇のコーナーに「請願〜核なき世界〜」の台詞と、カトケンのコメントが掲載されています。


◆出演情報◆ (2014.5.29up)
5月28日にカトケンが出演した、
観ずに死ねるか!傑作青春シネマ出版記念特集上映会「麻雀放浪記」
トークレポートが、
コチラ
に掲載されています。
上映会に参加できなかった方も、是非ご堪能下さい。


◆掲載情報◆ (2014.5.14up)
「観ずに死ねるか!傑作青春シネマ」(鉄人社)

カトケンが出演している映画「麻雀放浪記」を俳優の斎藤工さんが紹介しています。

出版記念特集上映会
5月28日(水)20:00「麻雀放浪記」@テアトル新宿

上映後のトークショーカトケンがゲスト出演します。

詳しくはコチラ


◆出演情報◆ (2014.5.13up)
観ずに死ねるか!傑作青春シネマ出版記念特集上映会

5月28日(水)20:00「麻雀放浪記」@テアトル新宿

上映後のトークショーカトケンがゲスト出演します。

詳しくはコチラ


◆掲載情報◆ (2014.5.2up)
Confetti(カンフェティ) 2014年6月号

今月のPICK UPのコーナーに「請願〜核なき世界〜」についての
カトケン三田和代さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ


◆掲載情報◆ (2014.5.2up)
早川書房 悲劇喜劇 2014年6月号

演劇時評のコーナーに「あとにさきだつうたかたの」の高橋豊さんの劇評が掲載されています。


◆掲載情報◆ (2014.4.4up)
読売新聞 夕刊 4月2日(水)

小田島雄志の芝居よければすべてよしに「あとにさきだつうたかたの」劇評が掲載されています。


◆掲載情報◆ (2014.3.24up)
河村常雄の劇場見聞録

「あとにさきだつうたかたの」劇評が載っています。

こちらからご覧下さい。


◆掲載情報◆ (2014.3.23up)
江森盛夫の演劇袋

「あとにさきだつうたかたの」記事が載っています。

コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2014.3.19up)
しんぶん赤旗 3月19日(水)

「あとにさきだつうたかたの」劇評が掲載されています。




◆掲載情報◆ (2014.3.15up)
しんぶん赤旗 日曜版 

「あとにさきだつうたかたの」についてのカトケンと山谷典子のインタビュー記事が掲載されています。




◆掲載情報◆ (2014.3.10up)
毎日新聞 (夕刊) 3月10日(月)

「あとにさきだつうたかたの」についてのカトケンのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.3.8up)
産経新聞 (朝刊) 3月8日(土)

「あとにさきだつうたかたの」についてのカトケンと山谷典子さんインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.3.5up)
読売新聞 (夕刊) 3月5日(水)

「あとにさきだつうたかたの」についてのカトケンのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.3.5up)
しんぶん赤旗 3月5日(水)

「あとにさきだつうたかたの」についてのカトケンのエッセーが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.2.27up)
日本経済新聞 (夕刊)2月27日(木)

「あとにさきだつうたかたの」についてのカトケンのインタビューが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2014.2.21up)
モーストリー・クラシック(産経新聞出版) 2014年4月号

Theaterのコーナーに「あとにさきだつうたかたの」についての
カトケン
作者・山谷典子さんのインタビュー記事が載っています。



◆掲載情報◆ (2014.1.30up)
Confetti(カンフェティ) 2014年3月号

今月のPICK UPのコーナーに「あとにさきだつうたかたの」についての
カトケン山崎清介さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ



◆掲載情報◆ (2014.1.18up)
鈴木太郎個人誌「太郎の部屋」No.24/2014・1・15

「芝居の日」のコーナーに以下の「Be My Baby〜いとしのベイビー〜」劇評が掲載されています。

*11月27日(水)
 加藤健一事務所「Be My Baby〜いとしのベイビー〜」(東京・下北沢・本多劇場)。作=ケン・ラドウィッグ、訳=小田島恒志・小田島則子、演出=鵜山仁。米国ワシントンD・C在住の脚本家。2005年に初演されている。日本では初舞台。同じ作家の作品として「レンド・ミー・ア・テナー」「特急二十世紀」などを加藤健一事務所で見ている。楽しくて、スピード感のある魅力的な舞台であった。
 1963年イギリス。スコットランドのクリスティ(加藤義宗)のところへ、ロンドンから婚約者のグロリア(高畑こと美)がやって来る。若い二人とは対照的にクリスティの親代わりのジョン(加藤健一)とグロリアの叔母のモード(阿知波悟美)は犬猿の仲で衝突ばかり。ところがある日、ジョンとモードがサンフランシスコまで旅をすることになる。
 その旅のすべてが意表をつく面白さ。タイトルの「ベイビー」は赤ちゃんそのもの。若い二人のために受け取った赤ちゃんだが、右往左往するジョンとモードの仲を取り持っていくのだ。熟年カップルの加藤健一も阿知波悟美も、それぞれの個性を発揮、物語に厚みと深みを持たせていく。大人の身勝手さを知らない赤ちゃんの存在が大きい。
 一人でホテルのボーイや教会の牧師など九役を自在にこなした粟野史浩、病院の看護婦やレストランのウエイトレスなど八役を華麗に演じた加藤忍の活躍も見逃せない。一級品のコメディに仕上がっていた。



◆掲載情報◆ (2013.12.28up)
早川書房 悲劇喜劇  2014年2月号

演劇時評
「Be My Baby〜いとしのベイビー〜」劇評が載っています。



◆掲載情報◆ (2013.12.19up)
「母よ」(木村隆編 新潮文庫)

平成22年に刊行された「この母ありて」(青蛙房)が、再編集・改題され、文庫版として出版されました。
カトケンを含む70人の語り手と「母」の思い出を綴った傑作アンソロジーです。



◆掲載情報◆ (2013.12.7up)
産経新聞 12月7日(土)朝刊

「Be My Baby〜いとしのベイビー〜」の劇評が掲載されています。



◆掲載情報◆ (2013.12.6up)
早川書房 悲劇喜劇  2014年1月号

特集 「回顧と展望」にカトケンのエッセイが掲載されています。



◆掲載情報◆ (2013.12.4up)
江森盛夫の演劇袋

「Be My Baby〜いとしのベイビー〜」記事が載っています。

コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2013.12.4up)
演劇評論家上野三蔵氏の「芝居は楽しい」に、
「Be My Baby〜いとしのベイビー〜」の記事が載っています。

詳しくはこちら!



◆掲載情報◆ (2013.10.5up)
早川書房 悲劇喜劇  2013年11月号

演劇時評
「モリー先生との火曜日」劇評が載っています。



◆掲載情報◆ (2013.8.21up)
演劇ジャーナリスト 大島幸久氏のホームページ  大島幸久の『何でも観てみよう。劇場へ!』に、「モリー先生との火曜日」の劇評が載っています。

こちらからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2013.8.19up)
演劇評論〜演劇評論家、中村義裕のホームページ〜演劇評論に、「モリー先生との火曜日」の劇評が載っています。

コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2013.8.18up)
江森盛夫の演劇袋

「モリー先生との火曜日」劇評が載っています。

コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2013.8.7up)
京都新聞<夕刊> 8月6日(火)

「モリー先生との火曜日」についてのカトケン加藤義宗さんのインタビューが載っています。



◆掲載情報◆ (2013.8.7up)
毎日新聞<夕刊> 8月6日(火)

「モリー先生との火曜日」についてのカトケン加藤義宗さんのインタビューが載っています。



◆掲載情報◆ (2013.8.2up)
読売新聞<夕刊> 8月2日(金)

「モリー先生との火曜日」についての記事が載っています。



◆掲載情報◆ (2013.7.29up)
産経新聞 7月28日(日)

「モリー先生との火曜日」についての記事が載っています。



◆掲載情報◆ (2013.7.10up)
演劇ぶっく 7月4日(木) 2013年8月号 

「モリー先生との火曜日」の舞台写真と、カトケン加藤義宗さんのインタビュー記事が載っています。



◆掲載情報◆ (2013.7.5up)
毎日新聞(関西版)夕刊 7月4日(木)

「モリー先生との火曜日」についてのカトケン加藤義宗さんのインタビュー記事が載っています。




◆掲載情報◆ (2013.6.29up)
公明新聞 6月23日(日)

ズームアップのコーナーに、「モリー先生との火曜日」に出演中の
加藤義宗さんのインタビューが載っています。


※転載許可を頂いて掲載しております。




◆岡山市民劇場賞◆
6月9日に岡山市民劇場賞の授賞式があり、昨年の「川を越えて、森を抜けて」特別賞を受賞し、
カトケンが出席しました。




◆掲載情報◆ (2013.5.31up)
Confetti(カンフェティ) 2013年7月号(6月3日発行)

今月のPICK UPのコーナーに「モリー先生との火曜日」についての
カトケン加藤義宗さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ




◆菊田一夫演劇賞授賞式◆

菊田一夫演劇賞授賞式が5月22日(水)に東京のパレスホテルにて行われました。
カトケンがこの賞状とトロフィーを実際に手にするのはまだ先ですが、本人からのメッセージをお届けします。




◆掲載情報◆ (2013.5.12up)
テアトロ 2013年6月号 カモミール社発行

林あまり氏
「八月のラブソング」劇評が載っています。




◆出演情報◆ (2013.5.12up)
「モリー先生との火曜日」に出演する加藤義宗さんがラジオに出演します。

5月28日(火) 11:30〜11:45 「カフェ・アラモード」(「栗原美季 Cafe Les R」内)

エフエム世田谷【FM83.4MHz】で生放送です!

※インターネットでも聴けるようになりました!詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい☆




◆掲載情報◆ (2013.5.4up)
早川書房 悲劇喜劇  2013年6月号

演劇時評
「八月のラブソング」劇評が載っています。




◆出演情報◆ (2013.4.18up)
「モリー先生との火曜日」に出演する加藤義宗さんがラジオに出演します。

レインボータウンFM【FM79.2MHz】 「大江戸ワイドスーパーイブニング」

5月2日(木)18:30〜18:50頃(生放送)


ユーストリームで全国どこでもお聞き頂けます。
コチラの番組ホームページからどうぞ。



◆◇◆ 第38回菊田一夫演劇賞発表 ◆◇◆(2013.4.4up)
加藤健一が菊田一夫演劇賞を受賞しました!ご声援ありがとうございました!

菊田一夫演劇大賞   藤山直美・高畑淳子

菊田一夫演劇賞       安蘭けい 
加藤健一 坂本真綾 松井るみ
菊田一夫演劇賞特別賞  浜木綿子 黒柳徹子




◆掲載情報◆ (2013.3.21up)
演劇ジャーナリスト 大島幸久氏のホームページ  大島幸久の『何でも観てみよう。劇場へ!』に、「八月のラブソング」の劇評が載っています。

こちらからご覧下さい。




◆掲載情報◆ (2013.3.20up)
演劇評論家上野三蔵氏の「芝居は楽しい」に、
「八月のラブソング」の記事が載っています。

詳しくはこちら!




◆掲載情報◆ (2013.3.14up)
公明新聞  3月14日(木)

「八月のラブソング」劇評が載っています。




◆掲載情報◆ (2013.3.14up)
江森盛夫の演劇袋

「八月のラブソング」劇評が載っています。

コチラからご覧下さい。




◆掲載情報◆ (2013.3.2up)
しんぶん赤旗 日曜版 3月3日号

「八月のラブソング」に出演する戸田恵子さんのインタビュー記事が載っています。




◆掲載情報◆ (2013.3.2up)
シアターガイド 2013年4月号

Stage People
のコーナーに「八月のラブソング」に出演する戸田恵子さんとカトケンの対談が載っています。




◆掲載情報◆ (2013.2.14up)
インターネットサイト「アニメ!アニメ!」の連載・コラムのコーナーに、
「八月のラブソング」についての戸田恵子さんのインタビュー記事が載っています。

こちらからご覧ください!




◆掲載情報◆ (2013.1.31up)
Confetti(カンフェティ) 2013年3月号(2月4日発行)

今月のPICK UPのコーナーに「八月のラブソング」についての
カトケン戸田恵子さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ




◆掲載情報◆ (2013.1.19up)
テアトロ 2013年2月号 カモミール社発行

丸田真悟氏
「バカのカベ〜フランス風〜」劇評が載っています。




◆掲載情報◆ (2012.12.30up)
早川書房 悲劇喜劇  2013年2月号

演劇時評
「バカのカベ〜フランス風〜」劇評が載っています。




◆受賞◆ (2012.12.4up)
8〜9月公演トレーシー・レッツ作「シュペリオール・ドーナツ」の翻訳家・阿藤智恵さんが、
第5回小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞しました。




◆掲載情報◆ (2012.11.27up)
東京新聞<夕刊> 11月27日(火)

「バカのカベ〜フランス風〜」劇評が載っています。




◆掲載情報◆ (2012.11.27up)
聖教新聞 11月24日(土)

「バカのカベ〜フランス風〜」劇評が載っています。




◆掲載情報◆ (2012.11.25up)
スポーツニッポン 11月25日(日)

「バカのカベ〜フランス風〜」劇評が載っています。




◆掲載情報◆ (2012.11.22up)
演劇評論家上野三蔵氏の「芝居は楽しい」に、
「バカのカベ〜フランス風〜」劇評が載っています。

詳しくはこちら!




◆掲載情報◆ (2012.11.20up)
江森盛夫の演劇袋

「バカのカベ〜フランス風〜」劇評が載っています。

コチラからご覧下さい。




◆掲載情報◆ (2012.11.18up)
産経新聞(朝刊) 11月18日(日)

「バカのカベ〜フランス風〜」の、カトケンと風間杜夫さんのインタビューが載っています。




◆掲載情報◆ (2012.11.16up)
日本経済新聞(夕刊) 11月14日(水)

「バカのカベ〜フランス風〜」の、カトケンと風間杜夫さんのインタビューが載っています。




◆掲載情報◆ (2012.11.16up)
読売新聞(夕刊) 11月14日(水)

「バカのカベ〜フランス風〜」の、カトケンと風間杜夫さんの対談が載っています。




◆掲載情報◆ (2012.11.13up)
しんぶん赤旗 日曜版 11月11日号

「バカのカベ〜フランス風〜」の、カトケンと風間杜夫さんの対談が載っています。




◆掲載情報◆ (2012.11.10up)
日刊SANKEI EXPRESS(発行:産経新聞社) 11月10日(土)

「バカのカベ〜フランス風〜」の、カトケンと風間杜夫さんのインタビューが載っています。




◆掲載情報◆ (2012.11.5up)
鈴木太郎個人誌「太郎の部屋」No.23/12・10・15

「芝居の日」のコーナーに以下の「シュペリオール・ドーナツ」の劇評が掲載されています。

*8月25日(土)
 加藤健一事務所「シュペリオール・ドーナツ」(東京・下北沢・ザ・スズナリ)。作=トレーシー・レッツ、訳=阿藤智恵、演出=大杉祐。スズナリでの舞台は29年ぶりという。小さな劇場を生かしたセットと空間は、ドーナツ店という設定には効果的であった。
 シカゴの寂れたドーナツショップ「シュペリオール・ドーナツ」の店主アーサー(加藤健一)、経営はいい加減だがドーナツは絶品だった。店が何者かに襲われた日、求人の貼り紙をみた青年フランコ(加藤義宗)が現れる。作家を夢みる青年は仕事を覚えて明るく働く。二人は親子のような関係になっていく。ある日、フランコは借金とりに襲われて怪我を負わされる。怒ったアーサーはボスのルーサー・フリン(奥村洋治)と決闘することになる。このアクション場面はスリリングがあって見もの。
 登場人物の9人のそれぞれが移民であり、国籍や文化圏の違いがあって、その違いが舞台に深みを持たせて展開していく。塩田朋子が婦人の巡査役を巧みにこなし、有馬自由が変なロシア人の面白さを発揮。加藤義宗と巡査役の土屋良太が黒い顔で好演。
 翻訳・阿藤智恵の初登場となった。彼女は加藤健一事務所の俳優教室9期生。戯曲も書きながら、念願の翻訳の夢が現実となった。今後の活躍に期待すること大である。




◆掲載情報◆ (2012.11.1up)
Confetti(カンフェティ) 2012年12月号(11月5日発行)

今月のPICK UPのコーナーに「バカのカベ〜フランス風〜」についての
カトケン風間杜夫さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ




◆掲載情報◆ (2012.10.30up)
シアターガイド 2012年12月号(11月2日発売)

「バカのカベ〜フランス風〜」
に出演する風間杜夫さんとカトケンの対談が載っています。




◆掲載情報◆ (2012.10.5up)
早川書房 悲劇喜劇  2012年11月号

演劇時評
「シュペリオール・ドーナツ」の劇評が載っています。




◆掲載情報◆ (2012.10.2up)
武蔵野音楽大学の広報誌「MUSASHINO for TOMORROW vol.103」
カトケンのインタビュー記事が載っています。

PC、スマートフォンからもご覧頂けます。

武蔵野音楽大学のHPの「新着情報」または、「学園案内」→「広報誌」とお進み下さい。



◆掲載情報◆ (2012.10.2up)
月刊オーディション 11月号(白夜書房出版)

「シュペリオール・ドーナツ」の感想の記事が載っています。



◆掲載情報◆ (2012.9.12up)
公明新聞 9月8日(土)

「シュペリオール・ドーナツ」の劇評が載っています。



◆掲載情報◆ (2012.9.12up)
江森盛夫の演劇袋

「シュペリオール・ドーナツ」劇評が載っています。

コチラからご覧下さい。



◆掲載情報◆ (2012.9.5up)
読売新聞<夕刊> 9月5日(水)

「シュペリオール・ドーナツ」の劇評が載っています。



◆掲載情報◆ (2012.8.31up)
かわさきFM「岡村洋一のシネマストリート」のオリジナルサイトで、
加藤義宗さん
が出演した8月27日(月)の放送がお聴き頂けます!

コチラからお聴き下さい。




◆掲載情報◆ (2012.8.30up)
朝日新聞<夕刊> 8月30日(木)

「シュペリオール・ドーナツ」の劇評が載っています。




◆出演情報◆ (2012.8.26up)
「シュペリオール・ドーナツ」に出演する加藤義宗さんがラジオに出演します。

かわさきFM【FM79.1MHz】 「岡村洋一のシネマストリート」

8月27日(月) 14:00〜14:20(生放送)


かわさきFMの生放送がネットで聞けるようになりました!
かわさきFMのサイトから専用サイトにお進み下さい。




◆出演情報◆ (2012.8.18up)
「シュペリオール・ドーナツ」に出演する加藤義宗さんがラジオに電話インタビューで出演します。

8月21日(火) 11:15頃〜 「カフェ・アラモード」(「栗原美季 Cafe Les R」内)

エフエム世田谷【FM83.4MHz】で生放送です!

※インターネットでも聴けるようになりました!詳しくはエフエム世田谷ホームページでご確認下さい☆




◆掲載情報◆ (2012.8.9up)
「シュペリオール・ドーナツ」に出演する加藤義宗さんのインタビュー動画が、インターネットサイトに掲載されます。


8月9日(木)・8月16日(木)




◆掲載情報◆ (2012.8.4up)
「舞台の神に愛される男たち」(著者:関容子 発行:講談社)

カトケンをはじめとした13人の演劇人のインタビュー集が、8月6日(月)に発売されます。




◆出演情報◆ (2012.8.3up)
「シュペリオール・ドーナツ」に出演する加藤義宗さんがラジオに出演します!

8月8日(水) 21:00〜22:00 世田谷的演劇案内「シアターF」

エフエム世田谷【FM83.4MHz】で、ON AIR!




◆掲載情報◆ (2012.7.28up)
BEST STAGE 9月号(音楽と人出版)

「シュペリオール・ドーナツ」に出演する加藤義宗さんのインタビューが載っています。




◆掲載情報◆ (2012.06.20up)
毎日新聞 島根版 6月18日(月)

支局長からの手紙のコーナーに岡村昌彦氏のカトケンのインタビューが載っています。




◆掲載情報◆ (2012.06.19up)
「僕は人生の観客です」(著者:小田島雄志 発行:日本経済新聞出版社)

第三部 観客歳時記(2004年〜2011年)にカトケン事務所の様々な舞台の劇評が掲載されています。




◆演劇講座◆ (2012.06.14up)
カトケンが静岡県磐田市で7月29日(日)に、ふじのくに子供芸術大学 演劇講座の講師をします。

詳しくはコチラ




6月5日(火)町田えんかん大賞
昨年秋に長〜いツアーを行った、音楽劇「詩人の恋」は、各地で大好評をいただきましたが、
本日、町田演劇鑑賞会様より、すてきな表彰状をいただきました。これは会員の皆様の手作りだそうです。
町田の皆様ありがとうございました。




◆掲載情報◆ (2012.05.05up)
河村常雄の劇場見聞録 (YOMIURI ONLINE)

「川を越えて、森を抜けて」劇評が載っています。

コチラからご覧下さい。




◆掲載情報◆ (2012.05.04up)
江森盛夫の演劇袋

「川を越えて、森を抜けて」劇評が載っています。

コチラからご覧下さい。




◆掲載情報◆ (2012.05.04up)
演劇評論家上野三蔵氏の「芝居は楽しい」に、
「川を越えて、森を抜けて」劇評が載っています。

詳しくはこちら!




◆掲載情報◆ (2012.05.04up)
早川書房 悲劇喜劇  2012年6月号


演劇時評
「ザ・シェルター」「寿歌」2本立て公演の劇評が載っています。




◆掲載情報◆ (2012.5.3up)
演劇評論〜演劇評論家、中村義裕のホームページ〜演劇評論に、「川を越えて、森を抜けて」の劇評が載っています。

コチラからご覧下さい。




◆掲載情報◆ (2012.04.25up)
鈴木太郎個人誌「太郎の部屋」No.21/12・04・15

「芝居の日」のコーナーに以下の「ザ・シェルター」「寿歌」2本立て公演の劇評が掲載されています。

*3月2日(金)
 加藤健一事務所「ザ・シェルター」「寿歌(ほぎうた)」(東京・下北沢・本多劇場)。北村想作、大杉祐演出。なんと贅沢な、2本立て一挙上演である。核戦争の前の状況と核戦争後の状況を描いた作品だが、昔の話ではない、いまや、現実味が増してきている。大杉演出は二つの作品をみごとに繋ぎとめ、加藤健一、小松和重、日下由美、占部房子の4人の俳優でまとめあげた。
 「ザ・シェルター」は核戦争用シェルター製造会社に勤めるセンタ(小松和重)が、製品テストのため、自宅の庭に模擬的に置いた家庭用核シェルターの中で家族4人が3日間生活することになる。真面目に実験しようというセンタに対し、妻のサトコ(日下由美)や娘のカノ(占部房子)、父のセンジューロー(加藤健一)は、実験に協力しない。やがて原因不明の故障で真っ暗になってしまう。果たして実験は成功するのだろうか。
 「寿歌」は核戦争の終わった後の、関西のとある町。家財道具をリヤカーに積んで、ゲサク(加藤健一)とキョウコ(占部房子)がやってくる。関西弁のおかしな二人はええかげんな芸で町から町へ。そこへ謎の男(小松和重)が現れる。まだミサイルが飛び交い、世界が終わろうとする状況のもとで、明るい会話がはずむ。
 千秋楽が3月11日。この日には特別な思いを寄せることとなった。30年も前に書かれた作品だが、それぞれの時代の重さと、現実の世界を直視し、問い直していることを痛感した。そこに演劇がもつ強みを感じとることができた。




◆掲載情報◆ (2012.04.21up)
「川を越えて、森を抜けて」に出演する山本芳樹さんのインタビュー動画が、インターネットサイトに掲載されます。

STAGE LIFE http://stage-life.jp/
4月23日(月)・5月1日(火)




◆出演情報◆ (2012.04.18up)
「川を越えて、森を抜けて」に出演する竹下景子さんが、ラジオ番組にゲスト出演します。

TBSラジオ「ファミリーマートおとなコンビニ研究所」
4月18日(水)・25日(水)朝6:15〜6:21

コチラからもお聞き頂けます。




◆出演情報◆ (2012.04.17up)
「川を越えて、森を抜けて」に出演する竹下景子さんが、岡山のラジオ番組にゲスト出演します。

RSK山陽放送「おかやま朝まるステーション1494」
4月24日(火)朝8:30頃から約10分間の予定

4月17日(火)に放送しきれなかった分の電話インタビューを放送します!




◆出演情報◆ (2012.04.06up)
「川を越えて、森を抜けて」に出演する竹下景子さんが、岡山のラジオ番組にゲスト出演します。

RSK山陽放送「おかやま朝まるステーション1494」
4月17日(火)朝8:30頃から約10分間の予定

「川を越えて、森を抜けて」
について、電話インタビューにお答えします。




◆出演情報◆ (2012.04.06up)
「川を越えて、森を抜けて」に出演する竹下景子さんが、TV番組にゲスト出演します。

TBS「はなまるマーケット」はなまるカフェのコーナー
4月10日(火)8:30〜9:55

「川を越えて、森を抜けて」
の楽しい稽古場の様子も紹介される予定です。




◆掲載情報◆ (2012.04.04up)
Confetti(カンフェティ) 2012年5月号

今月のPICK UPのコーナーに「川を越えて、森を抜けて」についての
カトケン竹下景子さんのインタビュー記事が載っています。

詳しくはコチラ




◆掲載情報◆ (2012.03.19up)
河村常雄の劇場見聞録 (YOMIURI ONLINE)

「ザ・シェルター」「寿歌」2本立て公演の劇評が載っています。

コチラからご覧下さい。




◆情報◆ (2012.3.18up)
カトケンつかこうへい事務所に出演した時の写真や映像が見られます。

つかこうへいの70年代展
2012年3月1日(木)〜8月5日(日)
会期中の休館日=3月20日(火)/4月29日(日)〜5月6日(日)
10:00〜17:00
(火・金曜日は19:00まで)
会場 早稲田大学演劇博物館3階現代コーナー(入場無料)




◆掲載情報◆ (2012.3.14up)
カトケンが出演したトーク番組が、本になりました!

夢で食えると思うなよ〜役者・演芸人プロ図鑑〜(理論社発行)
BS11「柳家喬太郎の粋ダネ!」研究会




◆出演情報◆ (2012.3.14up)
カトケンがラジオに出演します。

エフエム小金井放送「多摩ふれあい交差点」テレホン・インタビュー【88.8Hz】
3月17日(土)12:00〜12:50
(再放送:3月19日(月)19:00〜19:50)

終わったばかりの「ザ・シェルター」「寿歌」2本立て公演のことや、4月15日の立川公演で初日を迎える「川を越えて、森を抜けて」のことをお話しします。
放送エリア外のリスナーの皆様もインターネットでお聞き頂けます。エフエム小金井のホームページからどうぞ。




◆出演情報◆ (2012.3.13up)
カトケンと演出の高瀬久男さんの演劇講座が開催されます!

【日時】2012年3月23日(金)14:00〜16:00(受付13:30〜)
【会場】千葉市文化センターアートホール
(パルコ隣、ツインビル2号館)
お申し込みは、ちば演劇を見る会 TEL.043-245-2886まで(入場無料です)

「川を越えて、森を抜けて」についての楽しいお話が聞けると思います。