加藤健一事務所 vol.99
 
作:クリフォード・オデッツ 訳:小田島恒志 小田島則子 演出:松本祐子

BACKSTAGE REPORT
8月1日(火)稽古中を覗き見☆
今日は、7月25日から立ち稽古を行っている稽古場を覗き見!
まずは竹下景子さん、山路和弘さんお二人でのワンシーンが行われました。そこにカトケン登場です。
このシーンは竹下さんと山路さんによる心理戦。お互いに不満や本心を少しずつ隠しながら、ときには感情むき出しになりながらも冷静に相手の出方を伺う…そんな繊細な心の動きが求められます。
その繊細な心の動きを言葉に乗せ、動きに乗せるお二人ですが、更に深い感情もしくは心理戦がゆえの細かい口調や動作を、演出の松本祐子さんが加えます。
心理戦を交える二人の間に、この空気を打ち消すようにカトケンが登場するわけですが、果たしてそれは本当にこの戦いを打ち消しに来たのか。はたまた、この戦いの元凶ではないのか。目が離せない、ハラハラドキドキの展開となっております。
思わず身を乗り出して息をのむこと間違い無しの『喝采』、皆さまお見逃しなく!劇場でお待ちしております!!

 

7月21日(金)衣裳採寸
今日は衣裳の竹原典子さんに来て頂き、衣裳関係の打合せと役者の採寸を行いました。
この『喝采』は舞台のバックステージものなので、登場人物達の私服姿のシーンから衣裳姿のシーンはもちろん、楽屋での衣裳替えの様子が見られたりと、衣裳もひとつのキーポイントとして楽しめそうです。
採寸は手際よくサササっと終了。浅野雅博さんの採寸の様子を撮らせて頂きました!









すると予定にはなかった、山路和弘さんがお腹周りだけ採寸を!
以前測った数値からの変化が気になったようで…
結果はどうだったのでしょう…!??笑

7月14日(金)ついに顔合せです
みなさまお久しぶりです。稽古場レポートは、昨年の『誰も喋ってはならぬ!』以来、約7カ月ぶりとなります。いよいよカトケン2017年の新作、『喝采』のスタートとなり、本日顔合せが行われました!
久しぶりの新作顔合せでもあり、カトケン初参加となるキャスト・スタッフが多いなかでしたが、初めましての緊張感はなく、皆既に気心知れたメンバーのように大変和やかなスタートでした。
まずはそれぞれの紹介が終わると、早速本読みスタート!
この和やかな雰囲気とは裏腹に、この『喝采』はシリアスな心理ドラマ。本読み開始と同時に一気に場が引き締まりました。
カトケン作品には2回目の参加となります竹下景子さん、竹下さんと共に主演を張るカトケン、初参加の山路和弘さんの重厚感のあるセリフが続き、演出家でカトケン作品初参加となります松本祐子さんを中心にキャラクター達の複雑な心のうちを紐解いていきます。
翻訳の小田島恒志さん・小田島則子さんに見守られながら、本日の稽古初日は無事終了。これからこの暑さを吹き飛ばして頑張っていきましょう!!という感じで元気に終了いたしました。
みなさまも体調には気をつけて、もう少し、この『喝采』の公演を楽しみに待っていてください!!

   写真は和やかな稽古場の様子
 一転、ピリッと引き締まった本読みの様子