加藤健一事務所 vol.97
 
作:ケン・ラドウィッグ 訳:小田島恒志 小田島則子 演出:鵜山仁

STORY CAST & STAFF 公演日程 & ご予約方法
プレゼントキャンペーン

BACKSTAGE REPORT


STAGE GALLERY
 
 
(撮影:石川純)

本多劇場公演全日程終了!

8月31日(水)に幕を開けた「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD~ハリウッドでシェイクスピアを~」本多劇場公演は、9月14日(水)をもちまして、全15ステージ無事に終了しました!沢山のご来場、誠にありがとうございました。
残るは藤沢公演と大阪公演あわせて4ステージ!最後まで沢山のお客様に楽しんで頂けるよう、キャスト・スタッフ一同精一杯つとめます。是非是非お誘い合わせの上、ご来場下さいませ。劇場でお待ちしております!

◆藤沢公演◆
9月17日(土)13:30開演
(13:00開場) 藤沢市湘南台文化センター 市民シアター
【料金】
(全席指定・税込)3,500円
【お問合せ】公益財団法人 藤沢市みらい創造財団 TEL.0466-28-1135

◆大阪公演◆
9月20日(火)18:30、21日(水)11:00/15:30 エル・おおさか エル・シアター

【お問合せ】コープシアター大阪事務局 TEL.070-2283-7461


(撮影:石川純)


8月26日(金)初日まで残り6日
初日まで残り6日となりました。
本日の通し稽古は振付の新海絵理子さんもいらしていて、皆さん力が入っている様子...。
出番前にステップチェックをするオーベロン役のカトケンやジミー・キャグニー役の土屋良太さん、朗らかに振付の確認をしていたルーエラ・パーソンズ役の日下由美さんやリディア・ランシング役の新谷真弓さん、ジャック・ワーナー役の粟野史浩さんなどダンスシーンも楽しんで取り組んでいるようです。そして、通し終わりには皆で上演タイムのチェックと余念がありません。
稽古終わりの稽古場ではスタッフさんが作業に取り掛かり、一気に作業場の雰囲気が漂います。
ここ毎日その積み重ねです。そして明日は、とうとう衣裳付き通しになります。
この暑い夏場に、時間と場の流れる様を劇場で傍観してみるのはいかがでしょうか。


 


8月23日(火)衣裳合わせ🎵
関東にも上陸した台風がすぎた本日、衣裳合わせが行われました。
稽古場にはキャスト12名の衣裳がズラーっと並びます。
衣裳デザインの木鋪ミヤコさん、衣裳製作の大屋博美さんに、この公演のキャラクター達のために特別に製作して頂いた衣裳が沢山あります。その衣裳をキャストそれぞれが実際に着用し、演出の鵜山さんに細かいところをチェックしてもらい、サイズ感や身に着けるアクセサリーを決めていきました。
また、ヘアメイクの馮啓孝さんにも来ていただき、カツラのつけ方やメイクのつけ方もご指導頂きました。
映画スターが現れ、妖精が現れと、ちょっと(すごく?)現実離れしたこのキャラクター達を見事に表現した衣裳とヘアメイクとなっております。

キャストも衣裳も多く大変でしたが、綺麗な衣裳、そしてちょっと笑える衣裳の数々に、いつもとはちょっと違ったにぎやかで楽しい稽古場となりました🎵


     

8月9日(火)熱いダンスレッスン!
本日東京では気温37度を超え、今年最高の暑さを記録しました。
そんな中『SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD』の稽古場ではダンスシーンの稽古が行われました。
舞台はハリウッド。この煌びやかな世界にダンスパーティーは付き物です。
振付師の新海絵理子さんに来て頂き、ダンスの振りを付けて頂きました。
とっても暑いなかでのダンスレッスンとなり、キャストの皆さんはすぐに汗だくに。
ちょっぴり大変な一日でしたが、舞台はますます、華やかさに磨きがかかりました!
   

8月2日(火)ゆかいなキャラクター達♪
本番初日まで一か月を切りました!
稽古場の様子はというと・・・笑い声を堪えるのがとても大変!
もちろんキャスト・スタッフの皆さんは真剣そのものなので、演技が始まるとたちまち『SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD』の登場キャラクターに早変わり。
それぞれの気持ち・立場・動きなどが大分固まってきたようで、キャラクターの個性に磨きがかかっていました。
そこにテンポの良い鵜山さんの演出、ウヤマジックが加わり笑わずにはいられない!
今日はほんの何シーンかを通して稽古をしただけですが、ここまで面白くなっているとなると、全体を観られる日が本当に楽しみですね!
 

7月30日(土)立ち稽古
7月28日(木)から立ち稽古が始まりました!稽古場ではどんなことが行われているのかと言いますと・・・

まずは大まかなセットの位置やキャストの登場場所、簡単な立ち位置だけを決めて、一通り台詞を言いながら動いてみます。

それから台詞の裏付けとなる役の思いや、何を見てどう感じたか、この世界観のルールや、このシーンを書いた作家の狙いは・・・など、細かく紐解きながら、台詞の言い方を変えたり、体の向きや動きを色々と試す作業が続きます。

時には原文(英語)の台本を確認しながら慎重に、時には閃いたままの瞬発力で大胆に、演出の鵜山仁さんの言葉や実演で、1つ1つのシーンにどんどん息が吹き込まれていきます。

その度に想像力がかき立てられ、段ボールと木材で作られた仮のセットが、まるで本物の緑の森に見えてくるようでした。鵜山演出こそが魔法そのものですね!
この調子で稽古が順調に進めば、本多劇場の幕が開く頃には本物の魔法をお目にかける事ができそうです。どうぞお楽しみに!

7月26日(火)読み合わせ稽古が終わり・・・
稽古が始まってから一週間以上が経ちました。

このお芝居『SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD』はシェイクスピアの「夏の夜の夢」の映画撮影が、今まさにHOLLYWOODで始まろうとしており、更に本物の妖精王オーベロンと妖精パックまでひょんなことから現れてしまった!というお話で、シェイクスピアの世界観とHOLLYWOODの世界観の両方の役作りが必要となってきます。

稽古場では12名のキャストの皆さん、演出家の鵜山さんとで読み合わせ稽古とディスカッションを行い、たくさんの疑問や意見を交わしそれぞれの役柄を固める作業を繰り返しているようです。
1幕までの読み合わせが終わると、鵜山さんから気になった台詞の言いまわしへの意見や直しが入り、2幕の読み合わせがスタート。2幕が終わると同じように鵜山さんからの直しが入ります。

 
【写真】稽古後の演出部チーム。正確な舞台セットの大きさを
正確に測って、稽古場に舞台セットを“仮”で具現化中です!
そしてこの読み合わせ稽古は本日まで。1日休みを挟んで、あさってからは立ち稽古となります。
本日の稽古は終わりましたが、今度は立ち稽古ができるように、稽古後、演出部スタッフが机や椅子を片付けてと稽古場作りをしてくれています。

今後、立ち稽古となれば動きがついて、読み合わせとはひと味違った内容となっていきます。
これから先12名の個性的なキャラクター達がどのように変化して、皆さまの前にお目見えするのかとても楽しみです。


こんなにハチャメチャでノリノリな、まさに現実のHOLLYWOOD映画の撮影現場のようになりそうな(?)カトケンの『SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD』をぜひ観に来てください!


7月19日(火)いよいよ稽古スタート!!
昨日は「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD~ハリウッドでシェイクスピアを~」のキャスト・スタッフ一同が稽古場に集まり、顔合わせが行われました。
この公演に携わるたくさんの人たちが集合し、とても賑やかな顔合わせとなりました。制作スタッフから公演日程の説明や、キャスト・スタッフの紹介、プロデューサーのカトケンと翻訳の小田島恒志さんからのあいさつが終わると、いよいよキャストの皆さんによる本読みが行われました。お互いの声を聞くのが初めてとなる本読みは、それぞれがどのような役作りでぶつかってくるのか、キャストの皆さんもドキドキの瞬間です。
このドタバタラブコメディは、キャラクターも、そしてそれを演じるキャスト12名も“超個性派”揃い!!
すでに笑い声があちらこちらから起こり、ドタバタコメディらしいハラハラした盛り上がりを見せていました!!
本読みが終わると、翻訳の小田島恒志さん・則子さんに直接お話が伺える良い機会なので、台本に関する質問タイムとなり、キャストそれぞれの不安や疑問が解消されたようです。
これからこの“超個性派”俳優達を、鵜山さんがどのように料理してまとめあげるのか、あの場にいた皆がこの先とても楽しみな1日となったことでしょう!!


7月15日(金)美術打合せ!
前作『Be My Baby』の地方公演も終わり、少しばかりの休息をいただきまして、いよいよ久しぶりの新作『SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD~ハリウッドでシェイクスピアを~』の稽古が始まります。

キャスト、スタッフが全員集まる顔合わせのその前に、今日は美術打ち合わせがありました。
美術家の大田創さん、演出家の鵜山仁さん、舞台監督の上村利幸さん、演出部チーフの小川浩平さん、プロデューサーのカトケンの5人が一足先に集まりました。

台本の流れに合わせて、早速大田さんが舞台美術案のミニチュア模型を作ってきてくださり、模型を使って場面転換ごとのセットの動きを説明します。
妖精王オーベロンと王に仕える妖精パックが、ハリウッド映画の撮影現場に現れるこのお芝居。ハリウッドの壮大で煌びやかなイメージを、どのように再現するのか。撮影所の様々なシチュエーションや妖精達の不思議な動きをどのようにお見せするのか。とても面白い発想の飛び交う会議となりました。

今後も美術打合せが何度か開かれ、舞台美術プランが完成します。打合せの場で出される問題点は、大田さんの新たな発想でどんどんクリアになり、最後には素敵な舞台美術を作り上げてくれることでしょう。皆さまも楽しみにしていてください!