※※※ツアー公演(会員制の公演)のみ※※※
 
作:ケン・ラドウィッグ 訳:小田島恒志 小田島則子 演出:鵜山仁

上演時間
約2時間25分
(休憩15分あり)

STORY CAST & STAFF 

BACKSTAGE REPORT

5月25日(木)アクトシティ浜松 大ホール(静岡県浜松市)

アクトシティ浜松 13時30分開演。
昨日からちょっと風邪ぎみ。熱っぽくて声が少しおかしいが見ている人に分かる程ではない。
念のため買い置きしてある市販の薬を飲んでおこうと、朝食の後で飲んだはいいが、四時間も経った本番中に猛烈な睡魔におそわれる。特に二幕の、病院のベッドシーンは辛かった。
何とか乗り切り、大事をとって今日はおとなしくホテルで休む事にする。(加藤健一)

📷写真は2336席のアクトシティ浜松の舞台から見た客席。


5月24日(水)アクトシティ浜松 大ホール(静岡県浜松市)

アクトシティ浜松 18時30分開演。
磐田から浜松に移動。
浜松のホールは2336席で演劇ホールとしてはかなり巨大だ。幸い声の通りが大変良いのでさほどの苦労はなく、客席の反応もとても良い。
浜松での公演は今日も含め5日間有るので、スタッフも仕込み、バラシ、移動の労から解放され、とても嬉しそうだ(加藤健一)

📷写真の手前の建物がアクトシティ浜松。



5月23日(火)磐田市民文化会館(静岡県磐田市)

磐田市民文化会館 18時30分開演。
磐田は勝手知ったる故郷の街…と言いたいところだが、街の開発の早さに、来る度に迷いそうになる。
劇場には20人以上の同級生が駆け付けてくれ、愛に満ちた劇場空間を作ってくれ、
感謝の言葉もない🙏(加藤健一)

📷写真は宿泊しているホテルの中庭。



5月22日(月)移動日

移動日のため休演。
藤枝から磐田に移動。磐田で温泉♨を探し、ツアーの疲れをいやす。と言っても、あまり疲れてはいないんだけど♨
磐田は僕の故郷の町に一番近い都市だけに明日の反応が楽しみだ‼(加藤健一)

📷写真は磐田駅前にある樹齢700年の巨大くすの木。


5月21日(日)藤枝市民会館(静岡県藤枝市)

藤枝市民会館 18時30分開演。
静岡から藤枝に移動。東海道本線で19分。
藤枝には「朝ラー」と呼ばれる食文化がある。
朝に食べるラーメンどいう意味だが、朝ラーの店は朝早くから開店している。
静岡と言えばお茶。そのお茶の仕事が朝とても早かった事から朝ラーの食文化が始まったらしい。
それはともかく、藤枝の客席は「えっ‼」と言う程ノリがいい。
とても気分良く本番を終え、終演後は駿河湾でとれた美味しい魚で🍷
(加藤健一)


📷写真は花やさんがやっている素敵なカフェ。


5月20日(土)静岡市民文化会館 中ホール(静岡県静岡市)

静岡市民文化会館にて13時開演。
静岡での最後のステージも大盛況のうちに幕をおろす。
夕方から三回の舞台を支えてくれた静岡の仲間たちと🍻
他の仕事で丁度静岡に来ていた『Be My Baby 』の翻訳者の小田島恒志さんも
加わり大いに盛り上る🎶
(加藤健一)



📷写真は街で見掛けた美しい花。


5月19日(金)静岡市民文化会館 中ホール(静岡県静岡市)

静岡市民文化会館にて13時開演。
会館近くの日本蕎麦屋で早めの昼食をとる。
普通の蕎麦屋メニューの他に何故か、カンガルー、亀、ラクダ、ワニ、ダチョウなどの肉を使った料理があってビックリ👀‼好奇心はわいたが普通のお蕎麦を頂く。今日の舞台は昨日以上にわく。
(加藤健一)


📷写真は劇場に行く道で発見したブーゲンビリアに包まれた家。
  ここは沖縄か❔❔


5月18日(木)静岡市民文化会館 中ホール(静岡県静岡市)


静岡市民文化会館にて18時30分開演。
東京駅から新幹線で静岡。今日から僕の生まれ故郷、静岡県での公演が続く。
NHK大河ドラマで直虎が取り上げられた事もあって、静岡駅には大河ドラマのポスターが一杯🎶
お芝居の反応も上々で、終演後は大好きな居酒屋で美味しい肴とお酒を🍶
(加藤健一)


📷写真は全長5メートルもある空飛ぶ裸婦。題名はなぜか「南アルプス」


5月16日(火)帰京日

帰京日。
新千歳空港から羽田。10日振りに東京に戻り、「喝采」の台本打合せ。

(加藤健一)


5月15日(月)江別市民会館 大ホール(北海道江別市)

江別市民会館 18時30分開演。
江別にはホテルが無いのか札幌のホテルに宿泊しタクシーで6000円ぐらい走って江別に到着。
終演後も再びタクシーで札幌に戻る。
共演している粟野さんに教えてもらった店に行き人生で初めて塩ジンギスカンなる物を食べる。
札幌で塩ホルモンというのは食べた事はあったが、塩ジンギスカンは初体験🎶イヤァ旨かった😂
(加藤健一)


📷写真はお決まりの札幌時計台。


5月14日(日)移動日

移動日のため休演。
釧路から札幌に移動。札幌は夜間で10度。
釧路よりは温かいはずが、風が強くて、むしろ寒く感じる😅
懐かしい狸小路を歩いてみたら、何と外国人で一杯🎶日本はいつの間にこんなに観光国になったんだろう。沖縄から北海道まで、何処に行っても物凄い人数の外国人だ。
(加藤健一)


📷写真は大通り公園で見掛けた美しいチューリップの花。
  大通り公園はこの時期、沢山の花ばなが咲き乱れている。


5月13日(土)釧路市生涯学習センター(北海道釧路市)

釧路市生涯学習センター 18時30分開演。
釧路は今日も日中で5度。外は寒いが客席の反応は熱く、こんな嬉しいリアクションが有るから北海道公演はたまらない🎶
終演後は素晴らしい客席を作ってくれた釧路の仲間たちと盃をかわす🍷
(加藤健一)



📷写真は我らがツアーを支えてくれている11トンのトラック🚚このツアーだけでも数千キロを走破する🚌


5月12日(金)移動日

移動日のため休演。
旭川から釧路に移動。釧路の気温は何と4度。
先日、北海道の気温が30度になったと聞いて驚いたが、4度とはまた‼😂
使わないかも、と思ったが冬服を持って来て良かった🎵
(加藤健一)


📷写真は入った店に飾ってあった不思議な盆栽。


5月11日(木)旭川市公会堂(北海道旭川市)

旭川市公会堂 13時35分開演。
今日も旭川の客席は元気一杯で役者たちも
ついつい乗せられる‼
終演後は旭川の街を散策し、カフェで読書☕😌✨。
旭川は彫刻の街。至るところに素晴らしい彫刻が…。
陽が落ちてから二日間の舞台を支えてくれた旭川の仲間たちと🍻🍷

(加藤健一)


📷写真は街で見掛けた彫刻。


5月10日(水)旭川市公会堂(北海道旭川市)


旭川市公会堂 18時35分開演
大好きな「みづの」でいつもの生姜ラーメンを食べ、
雄大な石狩川のほとりを散歩し、素敵なカフェで読書☕📖👓。
旭川の公演は開幕の音楽と同時に「待ってました‼」と言わんばかりの盛大な拍手。
客席の熱気が舞台まで伝わって来る。
終演後は行きつけの炉端やき屋で美味しい北海道の食材を肴に🍶

(加藤健一)

📷写真は石狩川。




5月9日(火)移動日

函館から旭川に移動。
旭川で出迎えてくれたのは桜🌸5月9日に桜🌸が見られるとは流石に旭川🎶
(加藤健一)


📷写真はほぼ満開の桜🌸


5月8日(月)函館市芸術ホール(北海道函館市)

今日から北海道ツアーが始まった。今日は函館での公演。五稜郭のすぐ隣にある函館市芸術ホールは838席でとてもやり易い劇場だ。
楽屋入りしてから、トレーニングウェアに着替えて1時間ほど散歩。まだ少し肌寒い函館は散歩には最適‼2ヶ月振りの本番でチョッと緊張したけど、客席の凄い反応に助けられ滞りなく初日の舞台を終える。
終演後は、今日の舞台を支えてくれた函館の仲間たちと乾杯🍻美味しい北海道の料理に舌鼓🍴
(加藤健一)


📷写真は夜の五稜郭タワー


九州地方公演 全日程、無事終了いたしました!
ツアー公演の九州地方が全日程終了し、キャスト・スタッフ一同、無事に帰って来ました。
九州地方だけで約2か月となる長旅でしたが、大きなケガや事故もなく、九州のみなさまのたくさんの声援に支えられ駆け抜けて参りました。
Babyが成長していくように、キャスト・スタッフ全員が学び高め合えるような素晴らしいツアーでした。
いつも加藤健一事務所を支えてくださる九州のみなさま、全国のみなさま、本当にありがとうございました!!

2月27日(月)都城市総合文化ホールMJ 中ホール(宮崎県都城市)

都城市総合文化ホールMJ中ホールにて18時30分開演。
宮崎から九州ツアー最終地の都城へ移動。九州ツアー千秋楽の舞台は沸きに沸き、カーテンコールでは一人また一人とスタンディングオベーション❗あっと言う間に客席のほぼ全員が立ち上がって割れるような拍手‼
終演後は都城の仲間達とホテルのレストランで🍴🍻
まだまだ北海道、静岡県…とツアーは続くものの、明日からしばらく舞台が無いと思うと寂しい限りだ😥😥(加藤健一)


📷写真は都城の神柱宮(かんばしらぐう)


2月26日(日)メディキット県民文化センター 演劇ホール(宮崎県宮崎市)

メディキット県民文化センター演劇ホールにて13時30分開演。
1月10日に東京から九州に入り、雪の出迎えで始まった九州ツアーだが、今日のステージが終われば残すところ後1ステージのみ。出番が終わって舞台袖に入る度に寂しさがこみ上げて来る。
終演後は宮崎の仲間達と美味しい宮崎の鳥料理を囲んで🍴🍻。宮崎の女性たちのお酒の強いのにはちょっとビックリ‼👀(加藤健一)

📷写真は宮崎駅前の埴輪。宮崎と言えば古墳。古墳と言えば埴輪と言う事か…。


2月25日(土)メディキット県民文化センター 演劇ホール(宮崎県宮崎市)


メディキット県民文化センター演劇ホールにて18時30分開演。
人吉のホテルからタクシーで宮崎のホテルに移動。
宮崎の街は、車道の並木まで南国ムード。
劇場入りまで街を散策し、歩いて文化センターに入る。劇場まではほとんど毎日歩いているので歩数計によると大体、七千歩から一万歩位は歩いているみたい。(加藤健一)



📷写真は宮崎の街並み🌆


2月24日(金)人吉市カルチャーパレス 大ホール(熊本県人吉市)

人吉市カルチャーパレス大ホールにて18時30分開演。
鹿児島のホテルから人吉のホテルまでタクシーで移動。
国宝にもなっている青井阿蘇神社に参拝し、素敵な古民家喫茶でお茶を飲んでから、
歩いて劇場に向かう。
終演後は人吉の仲間達と🍻(加藤健一)

📷写真は青井阿蘇神社と古民家喫茶☕


2月23日(木)宝山ホール 鹿児島県文化センター(鹿児島県鹿児島市)

宝山ホール 鹿児島文化センターにて13時30分開演。
終演後、港まで歩いて桜島を見に行く。現在は陸続きの桜島だが大正大噴火の前は文字通り海に囲まれた島だったようだ。
夕方からは鹿児島の仲間達と劇場近くの素敵なお店で🍴🍸。映画『六月燈の三姉妹』の話しで盛り上がる。東京に帰ったら見てみよう💃(加藤健一)

📷写真はあまりはっきり見えず残念だった桜島。😥


2月22日(水)宝山ホール 鹿児島県文化センター(鹿児島県鹿児島市)

宝山ホール 鹿児島県文化センターにて18時30分開演。
熊本から鹿児島に移動。新幹線「さくら」は全座席がグリーン車と同じ4列でゆったり、その上高級感あふれるデザインで快適‼
昼過ぎにホテルにチェックインして天文館通りで食事。
宝山ホールは1500席でちょっと大きいが、鹿児島の人々は乗りが良く、ドカン、ドカンと笑う‼有り難う鹿児島💃(加藤健一)




📷写真は上野の西郷さんとはちょっと違う鹿児島の西郷さん。🐙


2月21日(火)熊本県立劇場 演劇ホール(熊本県熊本市)

熊本県立劇場演劇ホールにて13時30分開演。
熊本城の近くにはビックリするほど道幅の広いアーケードの商店街がある。おそらく幅が15メール位あるんじゃないかな⁉
右側の店から左側の店に渡るだけでもかなり歩く事になる。ツアー中の散策であちらこちらの商店街を見ているがこんなに素晴らしい商店街は初めてだ。
終演後その商店街を散歩し、夕方から熊本の仲間達とホテルで🍴🍸。(加藤健一)



📷写真はおてもやんの銅像🎵


2月20日(月)熊本県立劇場 演劇ホール(熊本県熊本市)


熊本県立劇場 演劇ホールにて18時30分開演。
昼食に熊本で有名な紅蘭亭の泰平燕(たいぴーえん)を食べて楽屋入り。初めて口にする泰平燕だが何とも美味しく癖になりそうだ。(加藤健一)





📷写真はその泰平燕🎵


2月19日 (日)移動日

長崎から熊本への移動日で休演。震災後初めて訪れた熊本は、未だあちこちに生々しい爪痕が…。熊本城の修復には10年以上の歳月を要するとの事。とは言え熊本の街並みはやはり素晴らしく、かなり長い時間ぶらぶらと散策。九州ツアーもカウントダウンに入り淋しい限りだ。(加藤健一)


📷写真は雨の街並み🎵


2月18日 (土)長崎市民会館 文化ホール (長崎県長崎市)

長崎市民会館文化ホールにて13時30分開演。
3日間の長崎公演も今日が最後のステージ。ほぼ満員の客席は爆笑に次ぐ爆笑で、まるで劇場が揺れているようだ。終演後は素敵な長崎の街を散策し、夕方からは長崎の仲間達と中華街で食事会🍴🍸。美味しい中華料理と紹興酒を頂いてホテルに戻る✋💤。
(加藤健一)


📷写真は街で友だちになった「安ちゃん」🐙


2月17日 (金)長崎市民会館 文化ホール (長崎県長崎市)

長崎市民会館文化ホールにて13時30分開演。
終演後『母と暮せば』の時に個人的に長崎弁を教わった津田さんと会い「志波」というとっても素敵な店に行く。津田さんの友人がこの日の為にとっておきの銘酒を三本も持って来て下さり、楽しく語らいながら🍶。(加藤健一)


📷写真は長崎の眼鏡橋🐙


2月16日 (木)長崎市民会館 文化ホール (長崎県長崎市)

島原から長崎に移動。18時30分開演。長崎は映画『母と暮せば』のロケでも滞在した事がありとても身近に感じる街だ。中華街でちゃんぽんを食べ、眼鏡橋のかかる川沿いを歩いて劇場に向かう。終演後は長崎の美味しい魚で🍶。(加藤健一)


📷写真は長崎中華街の入口🐙


2月15日 (水)島原文化会館 大ホール (長崎県島原市)

佐賀から長崎県の島原に移動。島原文化会館にて18時30分開演。島原の街は、至るところに湧水と飲料用の温泉が湧き出している。ペットボトルに両方をいれて劇場に向かう。島原城のすぐ横にある文化会館は建物こそ古いが声の通りがよく、とてもやり易い。島原の人々はめちゃくちゃ乗りが良く、開幕の音楽から手拍子で上演中の笑いは、こちらが驚く程だ‼イヤァ~楽しい💃(加藤健一)



2月14日 (火)佐賀市文化会館 中ホール(佐賀県佐賀市)

佐賀市文化会館にて13時開演。
今日はバレンタインデー、と思いながら歩いていると、CHO KO KAN と書かれた古い建物を見つけた。よく見るとチョコとは何の関係もなく、鍋島家の資料や美術品を展示している博物館のようだ。見学したかったが今日はマチネなのでチラリと見て通り過ぎる。終演後は佐賀の仲間達と楽しい食事会🍴🍸。
(加藤健一)

📷写真は徴古館🎵


2月13日 (月)佐賀市文化会館 中ホール(佐賀県佐賀市)

佐賀市文化会館にて19時開演。劇場入りの前に街を散策。佐賀は気球の街だけあって、あちこちに気球のポスターが貼られている。有名な佐嘉神社にも足を運んでみる。佐嘉の『が』の字が違っていて???とた思ったが…。鳥居の横に大砲(戦争の道具)が置かれている事にもビックリ‼
街をぐるりと回って喫茶店で読書。今日も歩いて劇場に入る。(加藤健一)

📷写真は佐嘉神社💃


2月12日(日)佐賀市文化会館 中ホール(佐賀県佐賀市)

佐賀市文化会館にて18時30分開演。
今日も宿から40分程歩いて劇場に入る。
終演後は知人と🍻
(加藤健一)



2月11日(土)移動日

今日は休演日で諫早から佐賀への移動のみ。
このツアーで初めての旅館宿泊。『旅館あけぼの』というとても素敵な旅館だ。
荷物をほどいてからゆっくりと佐賀の街を散策。今日も雪がちらついていて寒いが小一時間くらい散歩する。
ゆっくりと旅館の湯につかり夜はスタッフ、キャスト全員で宴会。🍻 いつもは居酒屋ばかりだが、たまには旅館の宴会もいいものだ。(加藤健一)


2月10日(金)諫早文化会館 大ホール(長崎県諫早市)

佐世保から諫早に移動。諫早文化会館にて18時30分開演。
いつもの事だが、ホテルから会館まで街を見ながら30分ほど歩く🚶 九州ツアーに入ってから雪の日が多く、今日も雪の中を歩いたので、手がかじかむ。
終演後は諫早の仲間達と愉快な食事会。

📷写真は雪にけむるハウステンボス🏠


2月9日(木)佐世保市民会館(長崎県佐世保市)

博多から佐世保に移動。
佐世保市民会館にて18時30分開演。
佐世保は1ステージしかないので博多から移動して来ると街を見る時間が無くて残念だ!
終演後は佐世保の仲間達と🍻
(加藤健一)


2月8日(水)ももちパレス福岡県立ももち文化センター (福岡県福岡市)

ももち文化センターにて福岡最後の公演。
12時30分開演。
8ステージあった福岡の舞台も今日で終わってしまう。何とも寂しい限りだ‼
福岡ではいいお店も見つけたし、次に来る時が楽しみだ。(加藤健一)



写真はレンガ造りの素敵な建物


2月7日(火)ももちパレス福岡県立ももち文化センター (福岡県福岡市)

ももち文化センター 13時30分開演。
終演後、天神の街を散策。
夜は福岡の舞台を支えてくれた仲間達とホテルのレストランで食事。楽しい時を過ごす‼(加藤健一)



写真はラーメン店『一蘭』のビル。
えっ‼このビル全部がラーメン屋‼


2月6日(月)休演日

休演日。本番が続きちょっと疲れてきたので、休演日が嬉しい。
今日はゆっくり喉と体を休めて後半のツアーに備えよう‼(加藤健一)

写真はとても大きなカラクリ時計🎵動画で見せられないのが残念‼


2月5日(日)ももちパレス福岡県立ももち文化センター (福岡県福岡市)

ももち文化センターにて13時30分開演。ツアー仲間の一人が体調を崩し苦しそう。

『辛くても 辛くても辛くても 幕は開く』

以前、僕が作った舞台川柳の一句だ。

終演後、天神の喫茶室で本を読んでから、軽く一杯
(加藤健一)


2月4日(土)ももちパレス福岡県立ももち文化センター (福岡県福岡市)

ももち文化センターで13時30分開演。
終演後、天神の喫茶店で読書。1日1本は戯曲を読もうと思っているがちょっと遅れぎみ…😰😥
(加藤健一)


2月3日(金)ももちパレス福岡県立ももち文化センター (福岡県福岡市)

久し振りの1日2ステージ。ももち文化センターで13時30分と18時30分開演。
昼公演と夜公演の間に福岡の仲間達から嬉しい食事の差し入れ🍴キャスト、スタッフ全員でワイワイ食べる食事は最高‼(加藤健一)


2月2日(木)ももちパレス福岡県立ももち文化センター (福岡県福岡市)

ももち文化センターで13時30分開演。
終演後、天神に出て買い物を楽しみ、散歩しながら料理の美味しそうな店を探し、夜はその店にくり出す🍺
(加藤健一)


写真は住吉神社にいた恵比寿様


2月1日(水)ももちパレス福岡県立ももち文化センター (福岡県福岡市)

福岡市のももち文化センターで18時30分開演。ホテルの有る中央区の大都会から地下鉄に7分ほど乗り藤崎という駅で下車。ももち文化センターは客席数800席の劇場でとてもやり易い。その上、見る人達の感覚が素晴らしく、やっていてもメチャクチャ楽しい‼(加藤健一)


1月31日(火)移動日

別府から博多に移動。今日は移動のみの休演日。博多の街をぶらぶらし、夕方中洲まで足を伸ばす。今日で1月も終わり。1月10日に東京を出て来たが、楽しく舞台をやっている間に時は過ぎ、明日からはもう2月。博多には2月8日まで入られるので目一杯楽しもう💃(加藤健一)

写真は中洲の川に浮かぶ遊覧船??


1月30日(月)別府国際コンベンションセンター B-CON PLAZA フィルハーモニアホール
         (大分県別府市)

大分から別府に移動。別府には素敵な温泉が沢山あり、ブラリと行って東京の銭湯よりずっと安く入れるが、夜の公演を控えているのでリラックスし過ぎてもね🎵B-CON PLAZA フィルハーモニアホールで公演💃その後、別府の舞台を支えてくれた仲間達とホテルの最上階のレストランで旨い酒を呑む🍺
(加藤健一)

写真は有名な竹瓦温泉の外観🎵


1月29日(日)iichiko総合文化センター 音の泉ホール(大分県大分市)
今日も音の泉ホールでマチネ公演。
終演後、大分の舞台を支えてくれた仲間達と杯を酌み交わし語らう🍸
(加藤健一)




写真は音の泉ホールの向かいの美術館のオブジェ🎵


1月28日(土)iichiko総合文化センター 音の泉ホール(大分県大分市)

音の泉ホール(710席)で18時30分開演。
音の泉と言う命名は音楽に重点がおかれて建てられたのか、少し残響が長い。でも、実際に開演してみたらさほど気にはならずとても演じやすいホールだった。
別名イイチコホールと言うだけあってロビーにはガラスケースに入った各種のイイチコ(麦焼酎)が…。
(加藤健一)

写真は音の泉ホールの外観


1月27日(金)移動日

田川から大分に移動。特急列車が大幅な遅れで一本前の列車に乗る。前の列車も遅れているため車内は超満員。結局大荷物を持って立ち乗り。ツアーは楽しいが必ず一度や二度はこういう事がある。これも旅の思い出づくりかな。(加藤健一)

写真は夜の大分駅。


1月26日(木)田川文化センター(福岡県田川市)

飯塚から田川に移動。
田川文化センター(1200席)にて夜公演。
田川は五木寛之の『青春の門』でも有名な土地。街には立派な石炭・歴史博物館がある。
(加藤健一)


1月25日(水)飯塚市文化会館イイヅカコスモスコモン 中ホール(福岡県飯塚市)

今日は昨日と同じ飯塚の劇場でマチネ公演。
終演後、あの有名な飯塚の嘉穗劇場を見学に行く。昭和6年に落成した嘉穗劇場は素晴らしい‼
こういう劇場は日本には数少なくなってしまったが、いつまでも大切にして欲しいと思う。
夜は飯塚公演を支えてくれた仲間達と杯を酌み交わす🍸(加藤健一)


1月24日(火)飯塚市文化会館イイヅカコスモスコモン 中ホール(福岡県飯塚市)

直方から飯塚に移動。コスモスコモン中ホール(562席)で夜公演。
終演後、今日もちょっとリッチなお店で乾杯🍻美味しい料理の数々に舞台の疲れも何処へやら💃
(加藤健一)


1月23日(月)ユメニティのおがた(福岡県直方市)

下関から直方に移動してユメニティのおがた(1031席)で公演。
終演後、素晴らしいレストランで直方公演を支えてくれた仲間達と楽しい時を過ごす。(加藤健一)


1月22日(日)下関市生涯学習プラザ 海のホール (山口県下関市)

下関での3ステージ目。マチネ公演。
下関は3回ともカーテンコールはスタンディングオベーション❗
本当に役者を楽しませるのが上手い人々だ。
終演後、下関の公演を支えてくれた仲間達と宴を催す‼🍻感謝💃
(加藤健一)


写真は夜の夢タワー🗼


1月21日(土)下関市生涯学習プラザ 海のホール (山口県下関市)

下関は今日も雪。
外は寒いがその分、下関の客席は熱い‼
笑いもドカン、ドカンという感じで此方が嬉しくなる程楽しんでくれている。
今度のツアー、何処へ行ってもこんな感じだと良いけど⁉
(加藤健一)


写真は夢タワー🗼


1月20日(金)下関市生涯学習プラザ 海のホール (山口県下関市)
下関、海のホールでの一回目の公演日。カーテンコールのスタンディングオベーションには感動‼
しかも客席のほとんどの人々が💃👏
劇場を出ると突然の猛吹雪⛄いやぁ、下関は劇的な街だ🎶(加藤健一)

写真は関門橋📷


1月19日(木)移動日

一旦九州を出て山口県の下関に移動。今日は休演日で移動のみなので久しぶりに体をやすめる。
唐戸市場に行って食事をし、日帰り温泉に行ってリラックス。
明日、下関の仲間達に会うのが楽しみだ。(加藤健一)


写真は唐戸市場🎵


1月18日(水)北九州芸術劇場 中劇場(福岡県北九州市)

北九州での最後のステージ。ひとつの街で8ステージも出来るとは何と幸せな事だろう。もっとこの街に居たいが、次の街もまたいい事が有るだろう🎵(加藤健一)


写真は北九州で誕生日を迎えた加藤義宗を祝うツアーメンバー


1月17日(火)北九州芸術劇場 中劇場(福岡県北九州市)

北九州芸術劇場での7ステージ目の公演を終え、夜は北九州の舞台を支えてくれた仲間達と楽しい宴を催す。(加藤健一)


1月15日(日)北九州芸術劇場 中劇場(福岡県北九州市)


北九州芸術劇場での公演も今日で4ステージ目。
今日の小倉は雪がちらつき、かなり寒い。
玄海灘から吹き寄せる風は肌を刺すようだが、気持ちがシャキッとして仕事をするにはいいかも⁉(加藤健一)






















                   写真は小倉城


1月5日(木)2017年★稽古スタート☆彡
皆様、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

さて、加藤健一事務所は4日が稽古初めでした。
「Be My Baby」のキャスト・スタッフ一同、年末年始はしっかり休み、早速パワー全開で稽古に励んでおります。

本日5日は、衣裳とかつらも付けた通し稽古を行いました。
このお芝居は30シーンもの場面転換、そして一人9役・一人8役を使い分ける粟野史浩さんと加藤忍さんがいるので、衣裳点数は40パターン近く。早替えの連続なので、衣裳を付けての稽古は再演とはいえ、再確認のためにもとても重要な時間となりました。
通し稽古が終わると、演出家の鵜山仁さんが自ら動きながら直しを入れます。
何度も行っているお芝居ですが、こうしていつでも真剣で新鮮な気持ちで、より良い作品となるように取り組んでおります。
いよいよツアー出発まであと5日!稽古も大詰めです!
カトケンは今年も、元気いっぱいで皆様にお会いできるのを楽しみにしています!!

             鵜山さんを囲んで、ダメ出しを真剣に聞くキャストの様子。


12月30日(金)2016年、最終稽古
本日は今年最後の稽古でした!

2016年、加藤健一事務所は3本の作品を上演致しました。
「Be My Baby~いとしのベイビー~」
「SHAKESPEARE IN HOLLYWOOD~ハリウッドでシェイクスピアを~」
「誰も喋ってはならぬ!」
どの作品もキャスト・スタッフ一同、一丸となって頑張ってきた思い出深い作品です。

そして来年のスタートとなる作品もまた「Be My Baby~いとしのベイビー~」です。
実は昨日、稽古4日目にしてすでに通し稽古が行われました。
本日はその通し稽古での出来を踏まえて、1幕のみを細かく稽古していきました。
今年の3月から東京公演・地方公演と、何度も上演してきた作品ですが、ところどころ演出が変わっており、今回もまた新しい面白さを生み出しています!

加藤健一事務所はこれからも、演劇で皆様を楽しませるため、日々良い作品づくりに励んでまいります。

が、本日はひとまず、稽古納め!美味しいお酒を飲みながら年忘れの宴です☆彡
皆様も、どうぞよいお年をお迎えください!!
また来年、元気にお会いいたしましょう!!☆彡




12月26日(月)稽古初日
今年の6月までツアー公演を行っていた「Be My Baby~いとしのベイビー~」ですが、またまた来年1月からツアー公演に出発いたします!その間東京公演がなく皆様には少し寂しい思いをさせますが、あのパワフルなキャスト陣が、このカトケン事務所の稽古場に帰ってきました!!
そして27日は、翻訳の小田島則子さんのお誕生日ということで、稽古スタートの前にカトケンの「Happy Birthday to you♪」という歌声を合図にサプライズケーキと花束のプレゼントが♡
さすが長い間一緒に旅をまわって来た仲間が集まっただけあって、和気あいあいとした稽古初日のスタートとなりました。
ツアーが始まれば今回もまた、カトケン旅日記を随時更新していきますので、みなさまも楽しみにしていてくださいね!☆
 
 バースデーケーキのろうそくを吹き消した後の、小田島則子さん♪    休憩中にしばしご歓談の様子♪