加藤健一事務所 vol.104
 
作:クリフォード・オデッツ 訳:小田島恒志 小田島則子 演出:松本祐子

◆CAST & STAFF ◆公演日程 & ご予約方法 ◆BACKSTAGE REPORT

舞台を愛した者たちに差し込んだ微かな光――。

全ての者に、あの栄光の輝きをもう一度…。


STORY

プロデューサーのクック(奥村洋治)と演出家のバーニー(小須田康人)、作家のアンガー(山本芳樹)、舞台監督のラリー(林次樹)は、陰鬱な表情で黙り込んでいた。初日を間近に控えた舞台の主演俳優が、突然いなくなってしまったのだ。
その代役として、かつての名優フランク(加藤健一)に白羽の矢が立つ。彼は酒びたりで落ちぶれていたが、バーニーの熱烈な説得に負けて役を引き受け、長いブランクと酒の誘惑に苦悩しながらも、新人女優のナンシー(寺田みなみ)らと共に稽古に励む。妻ジョージー(竹下景子)も、献身的に夫を支える。

地方公演の幕が開け、初日の劇評でナーバスになったフランクは、ジョージーともぶつかり自暴自棄になってしまう。そして白日の下に晒される、夫婦の過去と真実の姿。急接近するバーニーとジョージー。
ブロードウェイの初日は容赦なく迫る―――。


舞台裏に見える人間の真の姿。

それは愛の為か、名誉の為か、真実は何なのか――。

息をのむ心理戦、バックステージものの真骨頂を見逃すな。