加藤健一事務所 vol.102

原案:鈴置洋孝 脚本・演出:堤泰之

◆STORY ◆CAST & STAFF ◆公演日程 & ご予約方法

BACKSTAGE REPORT

4月26日(木)衣裳付き通し稽古
あっという間に4月も後半で、公演初日まであと一週間となりました!
そんな本日は、みんなが衣裳を着て通し稽古を行いました。
今回はあまり衣裳チェンジはありませんが、生きている間にはなかなか着られない特殊な衣裳(?)や、和服を着たりとちょっと大変です。
通し稽古の様子は、演出が堤さんに変わったことで、今までカトケン事務所で上演してきた『煙が目にしみる』とは雰囲気がとても変わりました!
再々々演だし、もうこの作品は観ているし・・・という方も、新しい作品を観ているような気持ちで観ることが出来て、必ず笑いあり涙ありです!ぜひぜひ劇場まで足をお運びください♬
 
誰の衣裳かわからなくならないように、役者ごとに札をつけて置き場所が決まっています(^O^)

4月11日(水)立ち稽古スタート!の前に・・・
先日、4月9日は天宮良さんのお誕生日でした!
立って実際に動きをつけながらの稽古となる立ち稽古の初日でもあったので、まずは舞台監督から仮セットの説明があり、小休憩を挟んでいよいよ稽古開始!とそのとき、バースデーケーキの登場!!キャスト・スタッフが多いので、とても賑やかなバースデーサプライズになりました(^^♪
「驚いて、今まで覚えていた台詞が飛んで行っちゃった!!」と天宮さん。立ち稽古初日はみんな笑顔のスタートとなりました。
♪天宮さん、HAPPY BIRTHDAY♪
 

4月5日(火)稽古初日♫
 ↑ 3月末日、稽古場近くの満開の桜

『煙が目にしみる』の顔合わせ・読み合わせ稽古が昨日より始まりました!今回はキャストが12人と多く、顔合わせということでスタッフも勢ぞろいし、稽古場は大所帯に!!
カトケン事務所では13年振り、4回目の公演となります、『煙が目にしみる』ですが、脚本を書かれた堤泰之さんに演出をつけてもらうのは初めて。更にキャストも、今回の公演の為に新しく集めたメンバーで編成されているので、これまでとはまた違う新たな『煙が目にしみる』が楽しめること間違いなしです。
そして舞台は桜が満開の季節。外の桜は散り始めてしまいましたが、舞台上に立派な桜を咲かせますので、みなさまもう一度お花見をするつもりで劇場に足をお運びくださいね!!




向かって左側にはスタッフもズラリといました!
 
キャスト全員で堤さんを囲んで