加藤健一事務所 vol.102

原案:鈴置洋孝 脚本・演出:堤泰之

◆STORY ◆CAST & STAFF ◆公演日程 & ご予約方法

BACKSTAGE REPORT②
★ツアー日記を更新中★

7月17日(火) 18時30分開演 會津風雅堂
楽屋入りの時間まで會津の街を散策🐌アンティーク喫茶を見つけ、昔懐かしい品々に囲まれてのんびりと時を過ごす☕🏠そこから會津風雅堂までちょっと遠いけど歩いて楽屋入り🚶30分ぐらい歩くのはどうって事も無いんだけど、何しろ日本中がこの暑さだから途中でちょっとめげそうになる😂ニュース番組でも言ってたけど2020年のオリンピックのマラソンはどうする気なんだろう🐙
會津風雅堂は客席数1758席💺で、今日も少し大きいけど、これくらいの大きさにも役者たちは大分慣れて来て、客席の反応もとてもいい👏
終演後、會津の好きな居酒屋で🍶
 
写真は會津若松の街並み😊手前の建物は野口英世青春館
 📷カトケン


7月16日(月) 休演 移動日
昨夜のワールドカップとウィンブルドンのせいか役者たちは朝、なかなかホテルのレストランに現れない🍴
11時ごろホテルを出発し、福島から会津若松に移動し午後1時ごろ会津若松のホテルにチェックイン🏢
会津若松の街を散策してからスーパー銭湯でゆっくり♨
 
写真は街で見掛けたお医者さんの建物🏢
そういえば僕の子供の頃にもこんな感じのお医者さんがあったけど、めっきり少なくなりましたね🎶
 📷カトケン


7月15日(日) 13時30分開演 とうほう・みんなの文化センター(福島)
今日も昨日と同じ1756席💺の劇場だが、昨日以上に反応がものすごく、劇中に何度も何度も拍手が起こり、これはミュージカルか🎶❔と思う程だ👏👏👏そのエネルギーの凄さはまるで「辛い思い出は胸の奥にしまって、今日の命を精一杯生きよう‼」としている様で、演じているこちらの方が感動する🙆終演後、夕方から、この公演を支えてくれた福島の仲間たちと🍻🍴

写真は蕎麦屋さんに飾ってあった蒟蒻(こんにゃく)芋🐙
この芋から蒟蒻が出来るんだね🙆大きさは普通のカボチャ🎃ぐらいです🎶
 📷カトケン


7月14日(土) 18時30分開演 とうほう・みんなの文化センター(福島)
昨夜行った手打ち蕎麦居酒屋のおかみさんがフラダンスの先生で、体験レッスンもあると聞いていたので、今日さっそくメンバー数人がフラダンスを体験しに行って来たとの報告が有り、動画まで見せてもらった👾初めてにしては結構さまになっている🙌
みんなの文化センターは久しぶりに客席数1752席💺で、かなり大きい‼声の通りを心配したが、開幕直後からしっかりと反応してくれ、ホッと一息😊終演後に飲みに行った居酒屋は、福島なのに何故かママは青森のオバサマ😊一緒に行った仲間の中の新井さんを見つけて大興奮💃今日も楽しい一夜とな🍶
 


写真は街で見掛けたねこ稲荷😰何のこっちゃと思ったが、一応ご報告🐙
 📷カトケン


7月13日(金) 13時開演 いわき芸術文化交流館アリオス中劇場
今日もアリオスの客席は満席🈵その反応は昨日以上😊舞台に立っている役者の方が次第に興奮して来る💃終演後、劇場の外で大勢の人が出待ちをしてくれ、別れを惜しみながら僕たちは次の公演地、福島に向かう🚙福島のホテルにチェックインしてから大好きな福島の手打ち蕎麦居酒屋で🍶

写真はいわきのアリオス劇場の広場に立てられた「劇団どくんご」のテント🎪何となく楽しそう💃
 📷✒カトケン


7月12日(木) 18時30分開演 いわき芸術文化交流館アリオス中劇場
今日から東北地方のツアーが始まった🚄その皮切りは、いわき市だ🙌いわきの人たちの演劇に寄せる熱い思いは並々ならぬものがある💃かつての震災の時も、使える劇場が少なくなってしまった中で、どうしてもカトケン事務所の公演を成立させようと、劇場を押さえる為に劇場前に数日間、昼夜を撤して並んでくれた🙏その徹夜で並んでくれている様子を撮って送ってくれた写真は今も大切にしまってある🙇そんないわきだから客席の反応も半端ではなく「お祭りか?」と思う程だ😊明日もこのいわきで公演が出来て嬉しい限りだ😊

写真はかって、いわきのみなさんが徹夜で並んでくれた劇場だ
 📷✒カトケン


7月8日(日) 14時開演 能登演劇堂
テレビに映し出される雨の被害は今日も相変わらずだが、能登はお昼ごろから陽がさし始める😚今日は、昨日のステージ以上に客席の乗りが良く、嬉しい限りだ🙌
まだ夕方前に芝居が終わったので、今日はゆっくりと和倉温泉と能登半島から望む日本海の景色を楽しもうと思う💃
  
写真は温泉街にある『涌浦の湯壺』温泉卵を作っているらしい🐙
 📷カトケン


7月7日(土) 14時&19時開演 能登演劇堂
昨日の内に羽田から能登に飛び和倉温泉のホテルに入った✈
昨日は何も無かったのでキャストは皆、温泉に入って長いツアーの疲れを癒す💃
温泉は気持ちいいけど、あちらこちらに設置されているテレビからは大雨で大変な事になっている九州、四国、中国地方、関西、等々の映像が映し出されて心が痛む🙏
本番には東京から作・演出の堤泰之さんが駆け付けてくれ終演後には🍻🍶💃
能登演劇堂は仲代達矢さんが深く関わっているだけに、お客さんもお芝居に関心が高くとても反応がいい
 
写真は入った温泉『総湯』の玄関
 📷✒カトケン


7月4日(水) 14時開演 亀戸文化センター カメリアホール
秋葉原駅から総武線で8分🚃亀戸は下町情緒ただよう、素敵な街だ亀戸梅屋敷には江戸切子のコーナーもあり思わず見とれてしまう😊
『煙』の公演はまだまだ続くが、東京での舞台は今日が最後となるため、お客さまも役者、スタッフも大いに盛り上がる💃
終演後は、いつも以上に面会のお客さまが多く、東京の楽日らしいステージとなる❁🙌🐙
 
写真は劇場前の公園の親亀、子亀、孫亀さすがに亀戸🙆
ところで、亀戸(かめいど)の『い』って、どこから出てきたのかな『かめど』って読むのが普通でしょ😓
日本語は難しいね😂
 📷✒カトケン


7月1日(日) 16時30分開演 兵庫芸術文化センター 阪急中ホール
大阪の梅田から阪急神戸本線特急で西宮北口駅下車🚃すると目の前に立派な兵庫芸術文化センターがある🙌
中ホールは客席数800席で声の通りも大変良く最高にやり易い劇場だ❁それに加えて、補助席まで出る超満員☀
この劇場では、もう何度も公演をしているので、お客さまもスッカリつぼを心得ていてドッカン、ドッカンと受ける💕たったワンステージの公演だが、西宮まで来た甲斐がある🙌
 
写真は劇場入り口にある銅像で作品名は「風の中のベートーヴェン」
 📷✒カトケン


6月30日(土) 13時開演 大田区民プラザ 大ホール
昨日と同じ大田区民プラザでの公演💃全国ツアーは楽しいと言ってもやはりどこか緊張しているのか、東京に戻っての公演は、楽屋でも皆、こころなしかノンビリとしている🐙でも全員プロだから、芝居がダレルということは全くなく、今日もあたたかいお客さまの前で気持ちのいい汗をかく💃
 
写真はいよいよ始動し始めた『Out of Order』の台本😊
ページ数が『煙』の倍有るのに、時間は2時間でやろうと言うんだから、いかにテンポが早いかと言うことですね🐙
 📷✒カトケン


6月29日(金) 19時開演 大田区民プラザ 大ホール
所沢公演から中5日空いての公演となるため、今日も最初から最後まで全員で台詞あわせををする😊この5日間の間に次回作『Out of Order』の取材を受けたり、秋のコンサートの練習をしたりでとても忙しく、長旅の疲れもあってかやたらと眠い😪💤
この眠気を振り払う為にも念入りにUPし本番に挑む💃大田区のお客さまはとてもあたたかい感じで嬉しい🎶
 
写真は劇場入りの前に入った喫茶店のカウンター席
 📷✒カトケン