作:ロナルド・ハーウッド 訳:松岡和子 演出:鵜山仁
上演時間 2時間40分(休憩15分含む)
◆STORY ◆公演日程 & ご予約方法 ◆CAST & STAFF

BACKSTAGE REPORT

2月14日(水)ハッピー・バレンタイン♡
本日2月14日はバレンタイン♥
ということで『ドレッサー』麗しの女優陣、一柳みるさん・西山水木さん・岡﨑加奈さんから
鵜山さん始め男性陣にバレンタインプレゼントがありました!
中身はチョコレート・・・ではなく!大きなハート型おせんべい!
こんな綺麗な3人からバレンタインプレゼントを貰えるなんて、男性陣羨ましい~(*'▽')
みんなとっても嬉しそうに盛り上がっていました!
だがしかし、いつまでもデレデレしている暇もなく、今日も通し稽古が始まるのでした。
このプレゼントと同じように、素敵なお芝居を届けますのでぜひ観に来て下さいね😃
Happy Valentines Day…♥

   
 

2月9日(金)衣裳・カツラ合わせ
本日は衣裳・カツラ合わせを行いました。
衣裳プランナーの加納豊美さん、ヘアメイクプランナーの馮啓孝さん、そしてそれぞれのアシスタントスタッフさんにも来て頂きました。
たくさんのカツラと衣裳に囲まれて稽古場はより一層賑やかに!衣裳とカツラのバランス、役のイメージに合っているか等、演出の鵜山さんと小物一点一点まで細かく確認していきます。
今回もカトケンは、舞台上で衣裳を着たり脱いだりメイクをしたり落としたりと大忙し!そしてカトケン以外の役者もスタッフも大忙しです!
実際の舞台裏もこんな感じなのかな?と想像しながら今回のお芝居も楽しんでください!
皆さまのご来場を心よりお待ちしております!

   


1月31日(水)翻訳・松岡和子さんがいらっしゃいました♪
休憩中の一コマ。
とても楽しそうにお話をされていた
松岡さん(写真中央)とカトケン
翻訳の松岡和子さんが、稽古見学に来てくださいました。
この日はちょうど、初めて全幕を通しての稽古だったので、役者陣は必死でなんとか流れに乗って行こうとヒーヒー言っているご様子。でも松岡さんはとってもニコニコしながら、上半身を乗り出すように見学されていました。
稽古後の松岡さんからは、「ドレッサーとは翻訳してからの長い付き合いになるけど、私がこれまで気づけなかった新しい発見を、今回の座長とノーマンはさせてくれた。ますます本当に楽しみ。たくさんの人に、観なさーい!!と叫びたい(笑)」と仰って頂きました。
この興奮がどうか皆様に伝わりますように。
エネルギーに満ち溢れた素敵なお時間になること間違いなしです。
どうか皆様・・・「観なさーーーい!!」(笑)


1月29日(月)美術打合せ

畑崎さん(右)、石井さん(右中央)
本日は、稽古後に美術打合せが行われました。演出の鵜山仁さん、美術の石井強司さん、照明の古宮俊昭さん、映像の浦島啓さん、舞台監督の畑崎広和さんなどスタッフ首脳陣が、稽古場に集結!鵜山さんと石井さんを中心に、時間をかけた芝居愛溢れる濃密が議論が交わされました。



鵜山さん(中央奥)、古宮さん(右)がニヤニヤしています( *´艸`)

劇中に紡がれる「ドレッサー」の登場人物たちのドラマをのように効果的にお客様に魅せ、お届けしようか?!じっくり真摯に話しているかと思うと、時折何やら楽しげにニヤニヤとする様子も伺え、美術プランの完成をより楽しみにさせられます。


 
皆さん真剣モード。。。    浦島さん(左奥)
加藤健一事務所では、「バカのカベ」振りにお世話になる美術の石井さん。練られた舞台美術のお目見えが待ち遠しい所です!
キャストに負けず劣らず、スタッフの皆さんの結束も抜群な「ドレッサー」。
新春1作品目から、見応えのある舞台をお届け出来そうです!皆様、楽しみにお待ちくださいネ♪


1月25日(木)加納幸和さんBirthday☆
本日はノーマン役の加納幸和さんのお誕生日です☆
稽古中のとあるシーンで突然電気が消え、ケーキの登場。演出の鵜山さんの歌い出しで、ハッピーバースデー♪の大合唱!加納さんにもとても喜んで頂き、サプライズ大成功でした!!

『ドレッサー』の稽古は、まだまだ立ち稽古の序盤ですが、一足早く素晴らしいチームワークを発揮するキャスト陣に、今後の期待も高まります!

加納さん、お誕生日おめでとうございます!


1月15日(月)2018年 最初の顔合せ
皆様あけましておめでとうございます!本年も加藤健一事務所を宜しくお願い致します。
さて、本年一作品目となります『ドレッサー』の顔合せが1月12日に行われました。
この『ドレッサー』というお芝居、カトケンは、役は違いますが30年前にも演じているお芝居です。
その時の翻訳でもあり、今回も翻訳を担当してくださっている松岡和子さんにも来て頂きました。
カトケンは、「30年前、昭和が終わろうとしている時にこのお芝居をやりました。今度は平成が終わろうとしている時にこのお芝居をやります。なんとも不思議なご縁ですね。」とのこと。
色々な方によって演じられた名作『ドレッサー』ですが、カトケン事務所では、お馴染みの演出家鵜山仁さん演出の元、カトケン事務所初登場の加納幸和さんがノーマンを演じます。
何度も上演されているだけに、今回のキャストはどんな演じ方をするのかワクワク・ドキドキだった読み合わせは、なんとも個性的な、それでいて違和感のない、とても手ごたえのある読み合わせでした。
ここからどんどんと色がついていくと思うと、更なる期待で胸がいっぱいです!
チケット好評発売中です。
早速新しい手帳に【ドレッサー観劇日】と新たな予定を書き加えてください!!

 
左から:加納さん、カトケン、鵜山さん、松岡さん
休憩中の雑談の様子♪